リーバイス 501XX

リーバイス 501XXですが

LEVI'S 501XX‥ジーンズのまさに「原点」ですねリーバイス501XXは。個人的にはシルエットが細めの

タイトストレートジーンズを着用することが多いのですが、たまにリーバイスの501XX(復刻版)のリジットから

育てて刷き込んでいるジーパンに足を通すとなんというか安心するというか落ち着く‥というか。

 

サイズやシルエット的な感覚からもそう思えるのでしょうけど、リーバイスに感謝!という感じというか。

オリジンという言葉がまさに当てはまるジーンズだなと思えます。

 

でもビンテージの501XXなんてとても買えないので(大戦モデルや古い時代の)レプリカジーンズ

で満足です、十分。ねじれも気にしません。

 

最初にリーバイス501XXは1955年の復刻ジーンズを買ったと思います。レギュラーは501だったので、

ダブルエックスと革パッチに刻印されているモデルが欲しかった。

 

各部のパーツやディティールは特に気にしません、シンチバックや隠しリベット・クロッチリベット、大戦モデルのボタンとか

色々リーバイス501XXは時代超えてきてその時の情勢で多少の変化があるみたいですが、

自分が買えるのはレプリカジーンズが精一杯ですしね。知識もありません。

 

そりゃあビンテージのデッドストック501XX欲しいけど。

 

でも自分がリーバイスの501XXを手にしてジーンズに興味を持った時代、

1990年初頭だったかな、あのころって国内のレプリカジーンズも盛り上がってきてたし、

なにより古着屋のリーバイス501の値段が高かったような。まだそのときはそれほど掘り起こされてなく

程度がいいブツが多かったのかなぁ。