冬のバス釣

冬のバス釣は寒いからなぁ

いま記事書いているシーズン・季節が2月の下旬なんですよ。

なので寒い時期で釣り辛い季節でもありますよね、ブラックバス釣りで。

 

水温低下が理由としてあるでしょうけど、

本当のところはブラックバス君に聞いてみないとわかりませんけどね。

 

まぁ冬場のバス釣は釣るのが難しい季節なのはよく知られていますが。

 

 

個人的には秋がバス釣りの季節だな〜って感じます。

なんというか秋という時期が好きなんでしょうね。

単純に。釣れる釣れないは別として、天気がよくて

景色がいい釣り場に行くと心も癒されます。

 

時には釣れなくてもいいから、ルアーをキャストしているだけでいい、

‥なんて思ってしまうときもあります。

 

魚釣りに来ているのにね(苦笑

 

渓谷とか自然に囲まれたポイントだと更に。

 

トラウトの管理釣り場とか個人的に好きだったりします。

たまにバスじゃなくてマスを狙いに行ったりね。

 

 

冬場の釣れない時期にバス釣を研究しますけど、

ルアー特にワームですかね。

 

よくYouTube動画にワームやプラグなどのルアーの

水中動画がアップされてたりするけど、自分がキャストして

ボトムや中層でアクションさせている水中のルアーの様子が

リアルタイムで映像としてチェックできたら、ルアーの動きもイメージしやすいし、

釣方にも幅ができるのになって思います。

 

ぶっちゃけ冬場でもバス釣りって、寒いし苦手ですので‥

 

琵琶湖とかで釣りが出来たりすると思うのですが、

11月ぐらいであれば何が釣れるのかとか

調べるのは面白いんですけどね。

 

バス釣りっていうと熱狂的な人であれば

ブログやっていたりしますよね。

 

ブログでは大江川とかや八郎潟とか

それぞれでどういったものが釣れるのかとか、

仕掛けについて学んだりと非常に便利だな

っていう感じではあると思います。

 

遠賀川とか小貝川とか河口湖とか

釣りを出来るところって全国にはたくさんあるんでしょうけど。

あれ?河口湖ってなにか禁止ってあったかな?

違ったかなぁ。

 

高滝湖に入間川などいつかは

こういったところ全てめぐってみたいなって思います。

そういう夢を持った釣り人って多いんじゃないですかね。

 

 

釣りに関して言えばラインとかルアーとか

知識として持っておかないといけないと思うのですが、

学ぶにしても用語って大事ですよね。

 

ロッドっていうのは釣り竿のことですが、

これが分からないと学びたくても理解出来ない

っていうことも出てくるかと思います。

 

最終的には利根川だろうと千代田湖だろうと

相模湖だろうと釣り糸たらせばそれで釣りにはなるのですが・・・

 

霞ヶ浦や荒川などそういったところで

どういった釣りが出来るのかって調べるのも良いのですが、

自分で自分なりの攻略ポイントを探すっていうのも

また1つ楽しいやり方なのかなとも思います。