陶磁器 ぐい呑み

陶磁器のぐい呑みデビュー

ぐい呑みは陶磁器以外にもいろいろな焼き方や材質があるようです。

 

つい先日デビューしたばかりのぐい呑みファンですが、

自宅でインターネット+パソコンを利用して「ぐい呑み 陶磁器」や「ぐい呑み 萩焼」‥

といった語句を検索しています。

 

ぐい呑みで知ったのですが、この「萩焼」って「はぎやき」と読むんですね。

それとPCで文字を入力していてこの「ぐい呑み」を「ぐい飲み」と変換しちゃったり‥

 

まぁそれはさておき、ぐい飲み‥もとい「ぐい呑み 陶磁器」ですが、

陶器は作り手の魂がこもっている「作品」という感じがあります。

 

でもガラス製でも、すず製でも手作りの良さがストレートに表現されているのが

、「ぐい呑み」だと思います。自作のぐい飲みで好きなお酒を一杯やりたいですね、ぜひ。

 

陶磁器のぐい呑みって一言に言ってもいろんな種類があるのですが、

陶磁器のぐい呑みはとってもオススメです。

 

ぐい呑みって言ったら萩焼とか備前なんかも有名で、

厳選された萩焼や備前のぐい呑みはもの凄い価値があったりするみたいですけど。

 

 

じゃあ、なんでその中で陶磁器のぐい呑みが好きかというと、

陶磁器のぐい呑みが他のものにはない良さがあるんですね。

 

 

そもそもぐい呑みは陶器、錫などで作られ、

それぞれで作られたぐい呑みに良さがあります。

 

 

でも、陶磁器のぐい呑みが良いんです。

 

 

他にもぐい呑みは手作りのものが良いとか備前のぐい呑みが良いとか萩焼のぐい呑みが良いとか

私の周りには厳選されたぐい呑みを持つ友人がたくさんいますが、やっぱり私は陶磁器のぐい呑みです。

 

 

この備前だとか萩焼(はぎやき)、手作りのぐい呑みにこだわる友人とお互い説得しあってます。

 

 

私なら陶磁器のぐい呑みが一番だと。

もちろん一生お互い分かり合うことはないのですが(笑)

 

 

私には陶磁器のぐい呑みが一番ピッタリだと思います。