チバユウスケ ファッション

チバユウスケのファッション考察

チバユウスケのファッションてさ、カッコいいんだけどあの雰囲気っつうか

感じ?ってのがでない。マネしても。

 

ルードギャラリーやThee Old Circus‥あとは少し前にチバが立ち上げた

「Falling Raphael」とか気になってるんだけど、洋服そのものの値段も高いし、

田舎に住んでるから買おうと思っても売ってる店がないんだよね‥

 

だから仕方なしに通販で買っちゃったりするんだけど、でも通販で買ううんぬんじゃなくて、

チバユウスケのファッションをマネしてもしょうがないんかな?って最近思いはじめてきた。

 

何のためにチバと同じファッションするんだ!?って考えた。

 

別に答えはないけど、‥なんて言えばいいんだ?

 

誰かになろうとして同じ様なカッコしてちゃダメだって。

でも同じカッコしてもいい、でも誰かになろうって思っちゃうのが

ダメなんかな?

 

チバユウスケにはなれないしさ。

あかの他人だし、俺。

 

でもさ、カッコいいって思ったのは事実だし、ファッションに影響受けたのも

事実。おかげで痩せられたし。頑張って運動してさ。

 

チバユウスケのファッション、これからどうなっていくかはチバ本人だし、

これからも雑誌や映像とかでチェックしてく、けど俺のファッションも確立しないとね。

 

でもチバユウスケからヒントもらったから、まぁ突き詰めてみたいね、ファッション。

チバ抜きにしてもルードギャラリーは好きなブランドだから新作アイテムが出るたび

チェックするよ。

 

関係ないけどこの時期手あれがヒドイからさ、ブログの記事書いてる途中だけど

手にクリーム塗るよ、あんま手がカサカサだとギターの弦の指どおりも悪いし。

 

ギターの指板にフィンガーイーズふればいいじゃんって言われるかもだけど、

俺あんまりフィンガーイーズ系って好きじゃないんだよ。別に理由はないけど。

チバユウスケとギター

チバユウスケにあこがれて早‥という月日が流れてる。

 

 

天地がひっくり返ってもチバにはなれないけど、
少しでも近づきたい気持ちは今でもある。

 

 

でもどこか「なりたくない」気持ちもある、
「なれない」んだけど、なんというかそんな気持ちがある。

 

 

カートコバーンが亡くなったときも、そう思った。
チバとカートは違うけどね。

 

 

難しい、何がって。その「何が」がわからない。

 

 

生き方とかファッションとか、色々あるんだろうけどさ。

 

 

でもミュージシャンにはなりたかった、過去形だけど。

 

 

今でも思い出したようにギターを練習したりするけど、
曲書きたいって気がおきないんだ。

 

 

ホントにギターって練習して寝て、それで次の日起きたら
突然弾けるようになってればいいのにな。

 

 

そろそろグレッチ新しいの欲しい、新品ってどこか恥ずかしいから、
値段の面からも中古のグレッチがいいんだけど、弾きづらそうな感じがするなぁ。

 

 

ホワイトファルコンはいかにもすぎるから、外してグレッチで良さげなのがいい。
ベンジーっぽいのもやめておこう、どっちもカッコいいギター弾きだけどさ。

 

 

グレッチでぶって欲しいよ。なんかの歌詞であったような気がするけど。

 

 

ジャガーは昔ちょっと弾いたことある、フェンダージャパンのやつだったけど。
関係ないね、そういうの。USAとかジャパン製とか。見た目の問題っつうか同じならいいよ。