フェンダーUSA

フェンダーUSA!

やっぱりフェンダーUSA・カスタムショップ製のエレキギター・ベースには憧れます。

 

これまでのギター暦でフェンダー製のストラトキャスターとエレキベース(ジャズベース)を何本か

所有しては売却してきましたが、未だにフェンダーUSA製のエレキギター・ベース、

そしてアンプは買ったことがありません。

 

まぁフェンダーUSAですから販売価格も安くはないので、

おいそれとUSA製は買えないのが本音なんですが(汗

カスタムショップなんてもってのほか‥

 

ストラトキャスター・テレキャスター、ムスタングにジャスマスター・ジャガー‥

フェンダーのエレキギターだったらこのあたりですけど、カスタムショップ製だったらとても手が出ないかも‥

値段的に。

 

中古品は程度ももちろん心配だし、前オーナーさんの好みの調整にセッティングがふってあったり、

サーキット・配線やボディのザグリ、ピックアップ交換など改造されている事も多々あるので、

中古ギター・ベースは選び辛いんですよね。

 

あとはネック・フレットの状態だってあるし。

 

個人的にはヴィンテージもあまり興味がありません、お金がないと言われたらそうなんですけど(苦笑

 

アメリカンスタンダードって略して「アメスタ」って言うんでしたっけ?

アメスタのジャズベースとかアメスタのストラト‥みたいに。

 

フェンダーUSA‥カスタムショップ製じゃなくてもいいから一本欲しいですね。

だとしたらストラトかな。

 

だいぶレスポール人間になってるので、スタジオに入ったときに、

バンドメンバーの友達が所有しているフェンダー・ストラトを休憩時にちょろっと弾かせてもらうと

すごく新鮮味がありますよ。

 

ストラトのネックの感触(スケールの違いやアール、指板の材とか)もそうだし、

立って弾いたときにボディを抱えた感じや重量感‥とか。

 

あとは音ですね。なんといっても。カッティングプレイに至っては

ぶっちゃけレスポールよりストラトの方が弾きやすく感じるし、シャープなサウンドも好みです。