ssスタッフ

ssスタッフ募集に応募する前に

ssスタッフ(サービスステーション・スタッフ)として求められるもの‥

それは明るさと大きな声、行動力ではないでしょうか?

 

そもそもssスタッフにおいて接客業と認識し

まず来店されたお客様の車を給油機の前に正確、

そしてスムーズに誘導することから始まり、

時にはお客様の愛車の点検整備も求められることから、

大きな声・活動的なことは必須条件になるでしょう。

 

ssスタッフとは、ガソリン・軽油・灯油などの油種を扱い、

かつ正確に給油することが求められ、

ガソリンなどの危険物を扱っていることからも慎重さが求められるのは当然のことです。

 

そして車やバイクが好きなことは、ssスタッフとして向いているといえそうです。

 

ssスタッフ(サービスステーション・スタッフ)になるためには、

高校や専門学校等を卒業後、石油製品販売会社に採用されてssに勤務することが一般的。

 

 

その際には、どの学科出身か?と言うようなことはとくべつ問題ありませんが、

危険物取扱主任者や自動車整備士の資格を持っていると、

ssスタッフとしては採用・昇進の面でも有利になります。

 

アルバイト・スタッフとしてssに勤務しその日ごろの勤務態度が認められ、

ssスタッフとして正式に採用される場合も十分あります。

 

ssスタッフとして明るく大きな声で接客していれば、おのずと採用への道は開けるでしょう。

 

ssスタッフの業務として接客・洗車・会計・修理点検などの仕事があげられます。

 

ssスタッフの接客の代表的なものは給油で、車を誘導し計量機前の所定の位置に停止させ、

給油種・数量・支払方法を確認の上給油、その間の窓ガラスや灰皿の清掃などが接客の大部分を占めます。

 

ssスタッフは車によっての燃料の違いや給油口の位置などを素早く把握しなければなりません。

 

ssスタッフは洗車の要望があれば車を洗車機へ誘導し実行します。

 

会計は現金やカード払いなどお客様の希望に応じて、ssスタッフは迅速に対応しなければなりません。

 

最近では車の備品や飲み物、雑貨などを販売しているssも多く、これらを積極的に販売することも、

ssスタッフの大切な仕事です。

 

また、オイル交換やタイヤ交換、LLC・冷却水やバッテリー液の補充、

タイヤの空気圧調整などのメンテナンス・点検業務や、軽微な故障の修理を依頼されることもあり、

ssスタッフは車の知識や技術を習得する必要があります。

 

近年急速に増えてきたセルフスタンドではお客様が自ら給油することから、

セルフスタンドのスタッフの業務は軽減されるように思われますが、

利用のサポートや危険物への注意などから、

ssスタッフの業務量はフルスタンドと比べても直接車に触ること以外はほとんど変わりありません。