オールローズウッド テレキャスター

オールローズウッドのテレキャスターモデルに

中古のオールローズウッドのテレキャスターに一目惚れ。

 

そこまでは言い過ぎかもしれないですが

、好きなデザインなのは間違いないんですよね。

 

ただ、いろんなテレキャスターを見たわけではないので、

もっといろんなテレキャスターも見てみるべきだなっていうのは思っています。

 

そこで、いろんなテレキャスターを見ることが出来ればと考えているので、

まずはオークションとかで中古のオールローズウッドのテレキャスターを調べます。

 

オールローズウッド材のテレキャスターモデルに当てはまるのかは分かりませんが、

「テレキャスターの真実」って何でしょう?何かの本のタイトルかと思ったんですが、

曲のタイトル名ですよね、たしか。

 

でも、真剣にテレキャスターというエレキギターについて向き合いたい。

しかもローズウッドだけを使用した特別なテレキャスに。

 

個人的に弾いたことがないんですが、肝心のサウンドはどんな感じなんでしょうか?

マホガニー材ならなんとなく検討はつくものの、ローズウッドはよく指板に

使われる木材でしたね。

 

「オール」というぐらいですから、ボディはもとよりネックも

ローズ材でしょうから。

 

あとはボディの重さも気になる、使われている材料・木材で

重量もかわってくるでしょうからね、ローズウッドって重いのかなぁ?

 

重くてもギリギリ4キロぐらいにしてほしい、重いレスポールは

肩にずっしりきますので、ストラップも専用のクッションが厚めで、

幅広いタイプのストラップを愛用しています。

 

オークション見てても、質問内容で重量を聞いている人が多いですからね、

やっぱりレスポールモデルとか顕著です。

 

改造・カスタム方法はピックアップを交換するとかシンラインに加工‥は

かなり難しいというかボディを交換しなきゃ無理そうですよね‥

 

ギター用語が分からないとブログでギターの改造の記事を読むにも辛いんですよね。

 

ギターもベースも分からないような人間には

一から配線やら構造を勉強しろっていうことですし。

ギターの種類もわかりません。

 

フェンダージャパンとかありますけど、

フェンダーってやっぱりfenderっていう表記が良いですよね。

USAもありますし。

 

中古を見に行ったらついついフェンダーの

ギターばかり見てしまいそうで。

 

まぁ、まだ見ているだけのレベルで

さっきも言ったように用語がさっぱりなので、

バッカスとかブリッジとかハムとかジャックとか

店員さんに話しかけられた時はあたふたしちゃいますよ。

 

きっと。

 

 

もちろん店員さんに素直に聞けば良いんでしょうけど、

なかなかそういうわけにもいかないというか、

自分で調べてから行きたいんです。

 

でも、それっていうのは配線図だったり、

zepのジミーペイジについてまでしっかりと

学んでいかなくても大丈夫ですよね?

 

そういうのまで学ぶとなるとかなり厳しいな・・

 

sxとかそういったことぐらいであれば大丈夫。

 

テレキャスターでも日テレキャスターなら

良く知っているんですけどね(笑)

 

テレビとかよく見るし。

 

 

ギターの勉強しようと思ったら、

やっぱり雑誌とかそういう媒体での勉強になるんでしょうね。

 

テレビではそんな番組やってないですもんね。