R32 GT-R 改造

R32・GT-Rの改造パーツをどこで買う!?

R32・GT-Rはここ数年前から中古車価格が値下がりし、
100万円内でも余裕で乗り換え可能な値段まで車両価格がこなれてきました。

 

さらに今年は景気悪化の影響でさらにR32のGT-Rの中古車価格は、
値下がり!?なんて思っちゃいます。

 

 

 

以前、20代後半の時に中学時代からの親友がS13シルビアから突然、
ガンメタリックのボディカラーの平成元年式の32Rに乗り換えていました。
彼が言うには夢にGt-Rが出てきたと。ガンメタなのも一緒だと。

 

友達はマメなので愛車のメンテナンスはしっかりやっていましたね、
家に屋根つきのガレージがあり、エアコンプレッサーも完備してて。

 

オイル交換やタイヤ交換、ちょっとしたチューニングパーツの取り付けもしてました。

 

R32のGT-Rは、ヤフオクでもかなりのパーツが出品されているようです。
車両価格もお手ごろなので、ナンバーなしでサーキット専用と割り切り、
オークションで落札して部品・パーツもヤフオクでゲットしたり。

 

 

でも個人的には、R32のGT-RはVスペックUが好みなので、お手ごろ価格とはいえませんね、
GT-R専門店での購入を考えます。

 

あ、あと別の親友のお兄ちゃんはGT-R・NISMO(ニスモ)を所有してました。

 

レーシングチームにも所属してましたし。
特徴あるリアスポでかなり改造してましたね。

 

 

ボデイカラーはレッドが良かったらしいですが、
ガンメタでしたね、こちらも。

 

 

オールペンでレッドにボディーを塗るか迷ったらしいですが、
実家が工場完備の中古車販売店なので。

 

 

R32・GT-Rのエアロパーツは特に社外品で気に入ったデザインのパーツは
今のところありませんね、中古パーツをメインにそろえますので、
フルエアロだとメーカーも統一しようか迷いますが、GTウイングはいりません。

 

 

 

純正のリアスポイラーでいいですね。スカイラインはR34まででしたね、
RBエンジンってたしか。

 

 

6速ミッションは34Rでしたっけ、純正で?、ニスモ製のミッション、
オークションで出品されてないかなぁ?

 

筑波サーキットが近所にある方はうらやましいです、サーキット走行の経験がないので、
思いっきり攻めてみたいですね、R32のGT-Rで。

 

 

軽量化はオーディオ・エアコン・パワステは取っ払い、内張りも剥がします。
シートも当然。2名乗車ですよ、ロールバーを組んで。

 

 

 

でも最初のチューニング?はステアリング交換、
モモステのレースが前のクルマのが余ってますので、ハンドルを交換して、
マフラーも最初についてあるのを交換したいです。

 

 

 

あと電気が分からないので、R32のGT-Rのサービスマニュアル、
配線図もオークションで落札したいですね。

 

ニスモとインパルのパーツも一緒に。N1仕様を目指します。

日産スカイラインR32・GT-R(BNR32)の乗り換えをイメージ

日産スカイラインR32・GT-Rに乗り換えを検討しています。

 

いま現在は不況ですし、ガソリン価格も微妙に値上がりしてたり、
ハイブリッド車が人気で燃費もクルマ選びの重要なポイントになっています。

 

そんな中であえてスポーツカーの最高峰に位置していた、BNR32に乗換えを検討するという、
ある意味暴挙なのかも知れません。

 

常日頃ヤフーオークションを利用するのですが、R32GT-R車体や、
専用チューニングパーツがけっこう出品されていますよね。

 

今は32Rですと、何年か前に比べて車両価格もかなり値下がりして、
加えてクルマが売れない不況時代ですしね、お手ごろに感じます。

 

景気がいいころは、ナンバーなしでローダーで運ぶ覚悟で
ハードチューニングをショップで施して、サーキット専用と割り切って‥

 

なんて方も少なからずいらしたと思いますが、今はキビシイでしょうね。

 

まぁそこまでは維持費に余裕はありませんが、
オークションで中古のチューニングパーツや修理用の純正部品をを落札しようかと。
そしてパーツの取り付けはもっぱらDIY作業でなるべく工賃をかけないようにと。

 

日産スカイラインR32GT-Rのグレードはこれまた車両価格が割高だと思いますが、
VスペックUが好み、きちんとした程度のタマやアフターサービスがちゃんとしている
GT-R専門店での中古車購入を考えてます。

 

支払いは頭金プラス少しの期間のローンですね。
そうですね、月々4万円程度の維持費を考えています。それなりに頭金はありますが、
すべて頭金には回さないです。

BNR32の中古車探し、ハードチューンの中古は回避します

R32スカイラインGT-Rに乗り換えてもいいかなと思うタイミングです。

 

チューニング前提ではなく、ドレスアップ程度のライトチューンで、
普通に街乗り目的で。

 

BNR32の中古車相場をチェックするのは何年かぶりですので、
安くなってるなぁという印象ですね、まぁ経済不況ですしね、
クルマが売れづらい背景もあるかも知れません。

 

R32のGT-Rの購入プランとしては全額で200万円の予算を考えています。

 

200万一括払いにするか、ある程度頭金を支払って月々のローン回数、
金額を考える‥という具合です。

 

いきなりまとまった貯金をなくすのも勇気入りますので。

 

改造はしません、月々の維持費もGT-Rですのでバカになりません。

 

ただでさえガソリン代も微妙に高騰していますしね、もう少し燃料代が
安くなってほしいのですが‥メンテナンス費用も考えておかないと。

 

R32スカイラインGT-Rは当然ながら中古車購入になりますから、
出来るかぎり程度の良いタマを狙います。タイヤも新品をつけてほしいなぁ。

 

2600ccエンジンのRB26ですから自動車の税金も3ナンバー、お金かかりますね。
改造にお金を回す余裕はありません、中古車購入である程度キマってるタマにします。

 

エンジン・ボディ・足回り‥ここら辺ですかね。
エンジン内部までチューニング、タービン交換(ブーストアップも)、
ロールケージ取り付け、といった改造のこん跡があるGT-Rはまず遠慮します。

R32のGT-R改造ベースを今から探すのは予算次第?

日産スカイラインもGT-Rの設定が「R34」で一区切りになってしまいましたね。
R35からは「GT-R」という専用カテゴリになっています。

 

でもGTRの系譜は続いているので一安心ですが、
スカイラインではなくなっているのが淋しいところであります。

 

改造ベースとしてかなり価格がこなれてきたR32GT-R(BNR32)ですが、
中古車の程度も良好なタマが減少していっています。

 

平成6年式がR32GT-Rの最終型だったと思いますので、
かなり年式も古いクルマになっています、100万円以下の車両価格の
中古車ももはや珍しくありません。

 

R32のGT-Rをこれから中古車で購入して改造を楽しみたいなら、
当たり前のハナシですが、できるだけ購入予算・チューニング費用を
用意しておいた方が無難です。

 

改造する以前に故障して修理する部品が沢山あるでしょうから。

 

BNR32の中古車選びも色々な目利きが要求されてくると思います、
自身が整備士をされていたり、特別自動車の機関などについて
詳しい人出ない場合は、詳しい人に同行してもらったり、
中古車販売店選びにも慎重にならざるを得ないでしょう。

 

それに改造を前提としてベース車を選ぶならば、
限りなく純正ノーマル車を選ぶことになるでしょうから、
やはりお店や中古車の目利きは必要な要素になると思います。

 

個人的にはいくらGT-Rと言えど部分的に弱い箇所があると
思うので、弱点をカバー・リフレッシュしつつ、チューニングを進めるのが
いいと思います。

 

R32GT-Rの改造と言いましても、個々の改造の方向性がありますから
一概にこういう改造方法がいいとは書けません。

 

やっぱりGT-RはRB26DETTというエンジンを改造してナンボという
見方が強いでしょうけど、最初の中古車の目利きがいい加減だと
後々のエンジンチューンにも状態の良し悪しが関係して満足な
ちゅーニングの効果が得られないでしょう。

 

やはりある程度のレストア・リフレッシュ費用は必要だと思います。

R32GT-Rあえて改造された車両を選んだ友達

R32GT-R‥2014年に入っても人気は衰えないですね。

 

 

中古車の目利きはある程度必要になってくる年式のクルマですが、
全国にもGT-R専門店がいくつかあるので、

 

 

自動車についての知識が乏しく、自分の目利きに不安がある方は、
R専門店で購入するのも一つの方法だと思います。

 

 

BNR32の最終型でも平成6年‥でしたっけ?ちょっとウロおぼえなんですが、
それからだともう20年前になるわけです。さすがに古いのであちこちから
ヤレが出てもおかしくありません。

 

 

エンジンや各部の部品・パーツは入手できても箱、ボディは
そう簡単に交換できませんから、ボディのヤレ具合にもしっかりと
注意して中古車選びをしてもらいたいもの。

 

 

それとGT-Rというクルマはノーマル状態で所有している方も
けっこう多いのですが、車の性質上、ハードにチューニングされた
車両も多いです。

 

 

エンジンボアアップ、タービン交換、ブーストアップ‥諸々と
いった改造が施されている中古のタマも多いので、しっかりと
メンテナンスされていたか、記録が残っている車両を選びたいものです。

 

 

BNR32は年式が古く、クルマが持つ性能を楽しむべくノーマル然を守り、
丁寧に乗られていた車と、改造してスポーツ走行をしていた車、
だいたいこの2パターンに分けられると思います。

 

 

友達が以前平成元年式のR32GT-R・ガンメタカラーを所有していましたが、
前オーナーさんがゼロヨン仕様に仕上げた車両を乗ってました。

 

 

チューニングをおこなったショップがこちらの地方では有名ショップであったこと、
またメンテなど素性がしっかりしていたのもあって購入したそうです。

 

 

共通の友人に車屋さんの友達がいて色々お世話になってました。