ネトラバスティの手順

 ネトラバスティを行う前に、体全体の緊張をほぐすため耳たぶや眼窩の周りのマッサージを行います。小麦粉を練ったもので、ネトラバスティ用のオイルが横から流れてしまわないように、眼窩の周りに眼鏡のフレームのような形のドテを作ります。

 最初は眼をつむったまま40度前後に暖められたオイルを注ぎこみます。オイルを注いだら静かに眼を開け、施術者の指示にしたがって左右に眼玉を動かしたりぐるぐる回したりします。

 「眼にオイルを入れるなんて大丈夫?」と思われるかもしれませんが、ネトラバスティで使われるオイルは不純物やたんぱく質を取り除いた純粋なバターで、刺激や不快感はありません。

 ネトラバスティを行っている最中は、眼が温かいお風呂につかっているような感じで、視界は黄色っぽいもやの中にいるような感じです。オイルの温度が下がってきたらコットンで拭き取り温かいオイルを注ぐという作業を2〜3回繰り返し、ドテをはずして眼の上に温かいタオルを乗せ頭のマッサージを受けたら、ネトラバスティの完了です。

 ネトラバスティを受けた直後は視界に油膜がかかったようにぼんやりすることもありますが、時間がたつとすっきりしてきます。

 ネトラバスティを受けた日は眼が敏感な状態になっているので、眼を酷使しないようにしましょう。

ネトラバスティを知る

 ネトラバスティとはインドの伝統医学アーユルヴェーダの一種で、眼をギーと呼ばれるバターオイルに浸すという独特な手法です。

 ネトラバスティは眼精疲労やアレルギーの改善、近視予防を目的にしたものですが、目元のくすみやクマを和らげたり、目の周りのはりを取り戻したりといったアンチエイジング効果も期待できます。

 ネトラバスティには自律神経のバランスを整える効果もあり、心身ともにリラックスしたい方におすすめです。

ネトラバスティとサロン

 ネトラバスティは、朝のテレビ番組でも紹介され興味を持たれた方も多いと思います。

 ネトラバスティのサロンは当初、都市部にしかありませんでしたが、現在では地方都市にもたくさんできて、手軽に施術が受けられるようになりました。ネトラバスティはシンプルな施術内容に反してかなりデリケートな施術であるらしく、本場スリランカでは医者じゃないとできないそうです。

 ネトラバスティの施術を受けるなら信頼できるサロンや眼科医を選びましょう。