ギター 松本モデル

ギター松本モデルはギブソン?ヤマハ?

B'zのギタリスト松本孝弘氏のギタープレイorギターサウンドに
影響を受けています。でも中々松本孝弘奏法はモノにできませんね(汗

 

エレキギターで「松本モデル」というとYAMAHA時代のと
現在のGibsonレスポールモデルがありますよね。

 

個人的には懐かしのヤマハMGシリーズの松本孝弘シグネイチャーモデルの
MG-Mに馴染みがあります。初期のビーズはTV出演時やライブでも
YAMAHA・MG-Mシリーズを愛用していました。

 

かくゆう自分も恥ずかしながら松本孝弘氏を目指して
MG-MVという白黒ゼブラカラーのエレキギターを所有していた時期がありました。
新品購入してしばらく愛用してましたが、近所のリサイクルショップへ売却してしまいました。

 

素人調整で各部をイジったために、セッティングがメチャクチャになってしまって、
それ以来使ってなかったんですよね(汗、フロイドローズっぽいヤマハのロック式トレモロで、
たしか弦のボールエンドを切らずに裏通しで弦を貼れた気がします。

 

なんか使っていくウチにボリュームのツマミが固くなっていったような‥
ブログでMG-Mを検索すると同じような症状の記事を前にみました。

 

オークションにも定期的に出品されていますね、MG-M。

 

やっぱりギターを買っただけではCDのようなトーンは出ませんでした。
当たり前ですが。プロと素人の違いを思い知った瞬間でした‥

 

 

時は流れて今はギブソンからTAK MATSUMOTOシグネイチャーとして
レスポールモデルが販売されています。TAKバーストは異常な人気ですよね。

 

たしかにトップ材がかっこいいです、ギブソンでもエピフォンでも変わらずの
人気っぷりですね。

 

個人的にはレスポールカスタムのダブルカッタウェイ・DCモデルが
欲しいですね。もともと自分もレスカス好きなので、タックモデルのDCを
画像で初めてみたときに「意外とアリかも」と思いました。

 

 

まぁギターだけ松本モデルにしても結局毎日サボらずにギターを
練習しないと上達しないのは身にしみてわかっているので、ブログとか
書いている場合ならギター練習しないといけないのですが(汗

TAK CY僅かな所有期間での記憶ですがレビューなど

Tak Matsumotoシグネイチャーモデルは2本ほど所有したことがあります。

 

 

どちらもヤフオク!経由で落札したものですが、
今は手元にありません。どちらもギターとして素晴らしいクオリティでしたが、
別に欲しいギターがあらわれたため、譲ってしまいました。

 

 

一本目はギブソンの松本孝弘シグネイチャーモデルとしては一本目となる
TAK CYこと「Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow Limited Edition」でした。

 

 

リミテッドエディションの方ですね、ヘッド側のネック裏に
刻印が入っているモデルです。カスタムショップ製ではありません、
念のため。

 

 

このキャナリーイエローのレスポールは実に短期間の所有でしたが、
今までに弾いたレスポールモデルの中でも断トツ!?にネックが細かったのを
おぼえています。

 

 

レスポールモデルでの「弾きやすさ」では、
この「Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow」が自分としてはイチバンですね。

 

 

塗装クラックもなく、打痕もないコンディションは極上品でした。
しかし、関西の有名ショップ経由で購入はしたものの、セッティングはイマイチ‥でしたね(汗

 

 

仕方なく弦高やイントネーションなど調整は自分でしました、
幸いネックの反りはなく、トラスロッドもさわってなかったっぽいので、
確かに品質というか程度は素晴らしかったです。

 

 

しかしながら低めに弦高をセッティングし、その細目のネックと相まって
レガートプレイのやりやすさは特筆ものでした。松本さんになりきって
ハンマリング・プリングの横移動フレーズを弾きまくっていましたね、
気が付けば。それぐらいプレイアビリティは良かったです。

松本孝弘氏を目指して日々練習あるのみ‥

今日はまだギター練習をしていないのでこのホームページの記事を更新したら
練習を開始しようかと思っております。少しでも松本孝弘氏に追いつくように。

 

 

個人的には早弾きの運指よりも、チョーキング(ベンディング)の正確さやスピードに
重きを置いています。まぁ早弾きギタリストを目指している訳でもありませんが、
ピッキングorフィンガリングの練習として早弾きトレーニングもしている‥という感じでしょうか。

 

 

もちろんフルピッキングも大切ですが、個人的には滑らかなレガートプレイが好みで。
ハンマリング&プリングオフで音をつないでいくような。松本さんもやりますよね。

 

 

チョーキングは好きですが、早いフレーズやテンポになるとまだ安定しません。
音程が合ってなかったり(だいたい低いですね)ビブラートがおろそかになったり。

 

 

チョーキングビブラートも長らく自分の課題となっています。ビブラートが上手くできないと
やっぱり気持ちよく聴こえないですよね。音の揺れ幅も意識しないとな。

 

 

日々のエレキギター練習がモノを言いますよね、偉そうに自分が言えたことじゃないけど。
松本孝弘氏までの道のりは果てしなく長いものですが、挫折しないように少しでも毎日
プラクティスを続けていきたいものです。

 

 

やっぱり時間があった学生時代に沢山ギターを練習しておくべきだったなぁ。
よく言われることですけどね、社会人になると職種によってはほとんど仕事にかかりっきりになるだろうし。
生きるって難しいし大変なことですよね、ホントに。

松本孝弘氏を目指してめげずにギター練習をする

社会人なので中々エレキギターの練習を毎日することはできませんが、
仕事が休みの日は極力ギターの練習をするようにしています。

 

 

少しでも日にちが空いてしまうと手の感覚が薄れてしまうというか。その日の練習で
前回の練習時の手の感覚を取り戻す、その繰り返しになってしまう感じがあります。

 

 

元々手先が器用ではないので人よりもギターを弾くという才能はないと思いますが、
エレキギターが好きなので日数が空いてもめげずに練習を続けています。

 

 

B'zのギタリストである松本孝弘氏が日本国内のギタリストで一番好きで、
ビーズの楽曲も学生時代から聴いています。B'zの曲をコピーしたく練習しているけど、
TAK MATSUMOTO氏のプレイは難しくて(汗、特にギターソロが。

 

 

チョーキング関係のフレージングが自分にとっての一番の課題と認識していますが、
TAK MATSUMOTOのように正確に、そしてスピーディーにプレイできません。

 

 

コツは練習あるのみですかね?どんなプロのギタリストでも一日の練習時間って
だいたい8時間以上弾いてたとか雑誌で見ます、やっぱり学生時代なんですよね。

 

 

自分も10代のころは時間的な余裕もあったんでギター練習をかなりしていたのですが、
まだまだ甘かったんでしょうね(汗、まいったな。

 

 

でも今の時代は便利になりましたね、YouTube動画でオリジナルの動画で、
楽曲のコピー解説の動画をアップしている方がいたり、TAB譜を動画にあげている
方もいたり。そして手の動きも観れるので、とても便利だしやる気もでますよ。

Tak CYまた欲しくなったので買いたいのだけれど

松本孝弘氏が好きなので氏と同様のギターが欲しいんです。

 

 

でも本家ギブソン製になると、いいお値段するんですよね。
さらにギブソン・カスタムショップ製になると余裕で50万円オーバーですか?
とてもじゃないけど買えません、車種によっては軽自動車買えちゃいます。

 

 

中古のバイクは楽勝で買えますね、エレキギター一本で。それぐらい高額な
エレキギターですよ、ギブソン、しかもカスタムショップ製ともなると。

 

 

それでも売れちゃうんですよね、日本って不景気じゃなかったのか!?と疑いなくなるぐらい、
高くても売れる。インターネットでギブソンの松本モデルをちょくちょくチェックしているんですが、
やっぱり人気で。

 

 

ヤフオク!といったオークション、デジマートやJギターといった楽器の通販情報をまとめている
サイトでも松本モデルが出ないかチェックしていますけど、気づくのが少しでも遅れると即完売、
ホールド・商談中になっています。

 

 

個人的に気に入っていて欲しいなって思うのはやっぱりギブソン製シグネイチャーモデル第一弾の
Tak CYと呼ばれるキャナリーイエローのレスポールです。さすがに前述した通りカスタムショップ製の
TakCYは買えないし、中々出てこないので、レギュラーラインのキャナリーイエローが欲しいです。

 

 

それでもやっぱり元がギブソンのレスポールだからぶっちゃけ値段は安くないです、高い。

 

 

しかも新品では手に入らない(コレクターさんのデッドストック状態の中古もありますが)ので、
必然的に中古品になりますけど、中々良いコンディションの一本が出ないんですよね。