三井メディカルクリニックのオサート治療

 三井メディカルクリニックで推奨しているオサートによる角膜矯正には他の方法と比べ、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 まず、近視や乱視を改善する方法として手術をせずにメガネやコンタクトの装着という方法がありますが、これは三井メディカルクリニックが行っている角膜矯正(オサート治療)と比べると近視や乱視の進行を止めることが出来ず、根本の解決にはなりません。

 また、手術による角膜矯正の方法がいくつかありますが、三井メディカルクリニックの矯正と比べると、強い近視には向かなかったり、痛みがあったり、年齢の制限があったり、老眼には向かないというような短所があります。

 三井メディカルクリニックのオサートによる角膜矯正のデメリットと言えば、毎日夜間にオサートレンズを装着しなかればならないという点のみです。

 夜間毎日装着するだけで、視力が維持できるという三井メディカルクリニックのオサートレンズは年齢も選ばず、強い近視や乱視も気にせず老眼にも効果を発揮します。

 三井メディカルクリニックでのオサート治療で使用するレンズは、ハードのコンタクトレンズを装着しているのと感覚は変わりませんので、違和感なく治療に取り組めるでしょう。

三井メディカルクリニックの角膜矯正

 角膜矯正には手術を伴うものもありますが、三井メディカルクリニックは手術の必要はありません。三井メディカルクリニックの角膜矯正(オルソケラトロジー)は、夜間に角膜矯正効果のある近視用オサートレンズというコンタクトレンズを装着し、昼間はその効果が持続することによって裸眼で過ごすことが可能になるというものです。

 三井メディカルクリニックは、新たにオサート治療という強い近視や乱視・老眼にも対応できる角膜矯正に取り組んでいます。

三井メディカルクリニックを知る

 三井メディカルクリニックは眼科診療・脳神経外科診療・がんドック・航空宇宙医学診療をしているクリニックで、特に眼科の屈折矯正が有名です。

 三井メディカルクリニックは屈折矯正のオルソケラトロジーを日本で本格的に導入したクリニックで、手術をしないで角膜矯正を行っています。

 三井メディカルクリニックの角膜矯正は各人に合わせたコンタクトレンズを夜間装着することによって、日中は裸眼で効果が持続されるというものです。