ミディアムスケール ギター

ミディアムスケールのエレキギターに苦手意識が‥

ミディアムスケールとロングスケール‥どちらが弾きやすいんでしょうかね?

一般的にはスケールが短いミディアムの方が弾きやすいとよく聞くんですが、

自分としてはロングスケールの方がコード・和音は押さえやすく感じますね。

まぁそのあたりは人それぞれといってしまえばそうなんでしょうけど。

 

エレキベースにもスケールの違いはあるでしょうから。

 

そういえばこれまでストラトモデルはミディアムスケールのタイプは

弾いたことがありませんね、本家のフェンダー(ジャパン)からも確か

日本人向け?にミディアムスケールのストラトキャスターが発売されていたような気がします。

 

最近テレキャスターの音がレコーディングで必要になってきて、

中古品でもいいからそれなりのテレキャスが欲しいんですが、

ミディアムスケールのやつないかな?

 

アコギもそろそろ必要になってきそうだけど。でもアコースティックギターのプレイは

苦手なんですよね、腕がモロにでちゃいそうだし。いつもより演奏に集中しなくてはいけないので

実にアコギは神経使います。

 

ミディアムやロングといったスケールの長さも弾きやすさに関係してくるとは思うけど、

自分としてはネックの感触‥かな?幅広くて薄いタイプのネックはどうにも苦手らしいです。

アイバニーズ系のネックは試奏で楽器屋の店頭で弾いたことありますけど、やっぱり苦手だったな。

 

レスポール系のような丸太っぽいネックの形状が安心します、

まぁ一概にレスポールはこんなネックだよって言い切れませんけどね、年代によって

細いネックもあるみたいだし。