ローソンのロゴと店舗

 ローソンのロゴって興味ありますか!?そう言われてみるとアレです、青地でいて、そして白で、缶?ビン?みたいなあのイラストの特徴的なローソンのロゴですよ。それにしても、コンビニのロゴってみなさん何気に覚えているというか、覚えやすい!?という気がしませんか?、ローソン以外にもセブンイレブンやファミリーマートといったコンビニエンスストアには分かりやすい店舗ロゴがありますよね。

そんな家の近所にもある「ローソン ロゴ」、いろいろ勝手にしらべていく内に意外な事実があるようです、実は。コンビニのローソンは、アメリカ・オハイオ州の「J.J.ローソン」なる人物が、1939年に開業した「ミルクショップ ローソン」というショップが元になっているようですね〜、そんな「ミルクショップ・ローソン」ですが、牛乳の美味しさが人々の評判をあつめ、さらに事業を拡大していくのです、すごいですね。やがて事業拡大を進めていくなかで、ミルクショップのローソンはメインの牛乳販売以外にも、生活雑貨・日用品も販売を手がけるようになるのです。

その頃にはミルクショップローソンだった会社も「ローソンミルク社」という会社に発展し、のちに「コンソリデーテッド フーズ社」の傘下に入るのです。そしてローソンが日本にやって来る1974年のこと、ダイエーと提携し、大阪府豊中市にローソン一号店を開店させ、大阪市や神戸市といった関西地区を中心に店舗数を増やしていきます。

やがてローソンは名前を「Lawson's」とし、ハム・ソーセージといった、加工肉40アイテムをそろえ、アメリカ風高給デリカテッセン(サンドイッチや西洋風惣菜を販売する飲食店)として店舗内容を機能。お客さまのオーダーに応じ、サンドイッチを作ったり、輸入食料品が当時の業務の中心になっていました。コンビニまでの道のりは意外と長いものですね〜ロゴを調べるつもりが歴史を紐解く結果に(苦笑

2006年にファミリーマートが47都道府県の全てに店舗を出店するまで、業界内でローソンは唯一の47都道府県全てに出店するというコンビニエンス・ストアとしても知られました。‥話がズレましたが、あのローソンのロゴは創業者であるJ.J.ローソンが業務として販売していた牛乳のミルク缶がデザインされていたようです。一説にはローソン・ロゴのブルー色は、オハイオ州の美しい青空を表しているとも。

ちなみに、現・米ローソンミルクは米食品業界最大手のコンソリデーテッドフーズ社の傘下ということで、あのローソンロゴは見れないようです。現在のローソンは、ロッピーやEdy、iDなどに代表される新進気鋭のシステムを導入するなど、常に時代の先端でありたいと走り続けています。そして、「ナチュラルローソン」や「ローソンストア100」といった新事業形態も模索する動きなど、コンビニエンス業界最大手の名前にあぐらをかくことなく成長をとめません。

ローソンはテレビ局やラジオ局とのコラボレーション企画も多く、これからも目を離せない存在になりそうです。しかしローソンでチケット取らないともちろんコンサートチケットですよ。家の近所にコンビニ店舗といったらローソンしかないのでロッピーしにいくわけです。魔王になりたいくらいです、でもatmで貯金を下ろすのは手数料がもったいないので銀行にいきます。でもローソンのカードでポイントが貯まるのはうれしいっス!ミッフィーも大好きなので一石二鳥です、ろーそんは。サザンも活動停止だし、アルバイト生活だし‥まぁいいですけどね。おにぎりと雑誌を買って帰宅する毎日、寂しい気もしますが、まぁしょうがないです。