高速バス 新潟

高速バスで新潟、バスならではの旅路のメリット

高速バス・新潟‥やはり旅行は魅力的です。

 

先日、妻とふたりで高速バスで新潟に温泉旅行に行って参りました。
高速バスを利用しての二人旅、池袋出発の高速バスに乗り、新潟県湯沢温泉に到着しました。
往復5,400円と、結構お手ごろな値段で、乗車できましたね。

 

今回はインターネットを利用して高速バス・新潟の予約をしたのですが、他にチェックしてみると、
なんと「3,500円」という格安の高速バス運賃がありました。
しかし、予約済みだったので、またの機会にしました。

 

高速バスの魅力に取り付かれたのは、もう30年以上も前のことで、
きっかけは小学校の修学旅行でした。

 

高速バスで栃木県の日光に行ったのですが、日光東照宮に
向かう途中のバスの中はすでにお祭り騒ぎ、
みんな盛り上がっていましたのを今でも憶えています。
今思えば、高速バスを好きになった原点が修学旅行であり日光、なのではないでしょうか。
旅行に行くときは頻繁に高速バスを利用します。

 

電車の方が道路を使わないので、休み中の渋滞に巻き込まれる心配もないし、
時間も正確だから計画が立てやすい‥という人もいますが、
やはり高速バスならではの「ワクワク感」が忘れられません。

 

「電車」ですと、出発地から目的地(の駅)まで直接向かいますが、
高速バスツアーの場合は、旅路の途中で様々な観光名所を巡ったり、
おいしい特産物を食べたりと、目的地に行く以前に楽しめるところが魅力的。

 

高速バスで新潟に行ったときも、隣に座っていた老夫婦と仲良くなり、
目的地に到着するまで会話を楽しんでいました。
高速バス車内の空間の中では、新しい出会いもあるもの。
自家用車や電車だと、そうはいきません、
特に電車ですと隣や対面の方とよそよそしく感じます、個人的に。

 

高速バスはプロのバスガイドさんによる、
軽快なトークもまた楽しみのひとつです。

 

その地域の歴史や、特産品、風習など、様々な知識を話してくれるので、
ちょっとした教養にもなります。

 

個人的に思うことですが、わたしは喫煙者なのですが、
最近はタバコの吸える高速バスが減少しているように感じます‥
喫煙バスと禁煙バスの2種類に分ければいいのでは?とも思いますが、
やはり予算やいろいろな面でそうもいかない現状なのでしょうね。

 

ですが、高速バスの旅ならば、
トイレ休憩のサービスエリア(SA)で喫煙できるのでさほど問題ない‥
という見解もあるのでしょうかね。

 

高速バス・新潟の旅の記事を書くにあたり、
高速バスでの旅路はとても魅力的で、単に旅行の移動手段の目的以外にも、
色々な楽しさが隠れている、ということをみなさんに知ってもらいたいと思います。

 

夏休みや年末年始といったお休みに旅行に行く際には、
高速バスをぜひご利用してみてはいかがでしょうか?

高速バス@新潟2013年初更新

高速バスで新潟から出発‥という「てい」で良いんでしょうか?

 

高速バスの行き先というとそりゃあその人その人で
異なりますよね、たとえば東京の池袋とか神奈川県の横浜とか。

 

お昼に乗る人もいるでしょうし。
大阪へ旅行に行きたいものです、関西方面に住みたい気持ちも
あるんですけど、仕事の出張でも大変なので。

 

高速バスの新潟というこのホームページも更新が久しぶりになります、
2008年以来ず〜っと記事を追加してなかったみたいです。

 

もう今年は2013年も上半期残りすくないですからね。

 

時間が過ぎるのも早く感じますよ、年齢でしょうかね?
大宮のサッカーチームって名前なんだったかな、ど忘れ。

 

高速バスでディズニーランドへ行く家族さんも
夏休みは多いのかなぁ?子供が学校休みになりますからね。

 

それにしても今日は朝7時すぎに起きて朝食を食べたあとに
シャワーにはいってまた寝てしまいました。昼過ぎに起きてきて
思い出したようにこの高速バスの新潟というサイトを更新しています。

 

でも特に書く内容がないんですよね(汗、新潟から高速バスで名古屋とか
神戸とか行ってないので‥予約もしてないしね。

 

でも久しぶりに乗りたいですね。

 

 

それにしても記事書いている今の時期は7月なんです、
明日合コンがあるみたいですが、今回自分は不参加です。

 

参加してもいいんですが、ちょっと都合がね‥

 

まぁいいんですけど。さすがに近場ですよ、高速バスに乗る必要はない
んです。遠距離ならね。

 

今日はまだ梅雨を引っ張っている感じがあって、
天気は朝からよろしくないです。雨がパラついているって感じで。