革蛸のエイジング

革蛸のエイジングはどのような経年変化なのか?

 

さいきんライトニングやデイトナブログなどのアメカジ雑誌の掲載や、

ショップ店員さんの中でも愛用率が高いとされる「革蛸」のレザーウォレット。

 

ブランドを立ち上げて1年弱らしいのですが、

その人気の凄まじさから需要と供給のバランスが大きく崩壊し、

革蛸のウォレット(かわたこは「ワレット」を呼びます)が欲しくても、

在庫切れ、入荷待ちという状態が今後もしばらく続きそうです。

 

げんざい私はこの革蛸のワレットは4つほど所有しています。

 

ざっと挙げるとブライドルレザーを使用し、

ハンドソーイング‥いわゆる手縫いのウォレットである「蛸墨」、

サムライジーンズとコラボした手縫いワレットの倭魂のサドルウォレット、

ブルーが鮮やかな革蛸の財布の中でも高い評判を誇る「月夜」、

そしてヌメ革の「仏蛸」のショートワレットです。

 

仏蛸(ぶった)以外はすべてロングウォレットです。

その中でサムライ×革蛸コラボの倭魂が未使用です。

まだ折り曲げていません。

 

10月中にUKブライドルレザーの「真蛸」を入手するチャンスがあったのですが、

通販サイトの対応から辞退してしまいました、

そのショップはこれまでも取引において不手際が続いていたので、

今回も対応から不安に思い、予約注文を取りやめてしまいました。

 

それにしても革蛸のエイジングですが、

グーグルやヤフーなどで「革蛸 画像」と検索すると、

自身のブログやショップさんのブログの画像が引っかかります。

 

通販サイトの見慣れた商品画像も多いのですが、

かわたこを使い込んでいるユーザーさんの革蛸の経年変化の様子などを

画像を見ることも可能です、ぜひお試しあれ。

 

さいきん気になっているのは別注品ですね、

アメカジブランドだけの話ではないですが、

ショップ別注品というのはユーザーにとっては気になる商品、

革蛸にも数多くのコラボ・別注品が存在しています。

 

せんじつはショップのセルロイドさんの別注キーホルダーを通販で入手しました、

先にあげたブライドルレザーの「真蛸」のキーホルダーをフライング気味に買ってしまったため、

キャンセルした今となってはその革蛸真蛸キーホルダーが宙に浮いた状態に‥

 

それはさておき別注品ですが、いまはアメカジショップ「D-STOCK」さんの

「革蛸×D-STOCK 別注ウォレット」に注目しています。

 

ラインナップにはUKブライドルレザーの赤があるんですよね、

真蛸を逃してしまった私としては注目しています。

 

カードポケットの数も5枚になるようですので、欲しいですね。

ぶっちゃけ、ディフォルトのカード入れ3枚仕様は使いづらいです。

このウォレットもエイジングが楽しみな財布です。

革蛸のエイジング、私の月夜ロングワレット

革蛸の経年変化について書いてみようかと思います。

ロングワレットの月夜・手縫いを愛用しています。

 

財布なんで毎日使います、仕事にも。

 

ちなみにベルトも革蛸です、かなり肉厚です。

たしか福袋に入ってたベルト。極上のベルトだったかな。

 

手入れはほとんどしてません、オイル入れたりも。

財布を乾拭きするていどですね。

 

月夜のロングワレットを使い出して2年ぐらい経過するかな?

いつもジーンズのバックポケットに突っ込んでいるので完全に

ポケットの形に馴染んでいますね。ちょっといびつな形に。

 

「革蛸謹製」という名のとおり、造りには満足しています。

 

一時期ウォレットチェーンもカンに付けてました、

会社にも付けて行ってた時代がなつかしい。

 

そうそう革蛸の月夜ロングの英人具‥もといエイジングですが、

表面・裏面とも色はかなり変色してますね。

 

財布の中はまだ最初の青みが残っている状態・箇所もあるんですが、

表は完全に色が違います。

 

ハンドソーイングですが、まだ糸は切れたりしていません、

丈夫ですね。

 

基本的な革蛸のワレットのデザインなんでカードポケットの数も

少ないんですが、もうすっかり慣れてしまいました。

 

でも相変わらず意外と小銭が取り出しにくいんですよね、

スペースは広くとってあるんですけど。

 

真蛸は今でも欲しい革蛸のワレットです、

真っ赤なのがいい。でもブライドルレザーだから固そう。

あと蛸頭もいいですよね。

 

まだまだ革蛸の経年変化は浅い状態かも知れませんので、

これからも沢山使い込んでエイジングを楽しみたいと思います。