家庭用小型発電機

家庭用小型発電機、導入に向けて

家庭用小型発電機をここ最近導入する家庭が急速に増えているみたいですが、
世間的にもこれまで以上に「発電機」自体に注目が集まっているみたいです。

 

発電機っていうのは、建設現場や自営業などでは目にかかるケースが多いものの、
家庭用への導入にいたってはそれほど馴染みがないと思います。

 

計画停電の実施や電力不足などで家庭用小型発電機がここ最近一気に注目が集まっているみたいです。

 

 

業務用クラスの大規模な発電機に比べて家庭用の小型発電機とはいえ、
なかなか作るのには時間がかかるみたいで、ホンダやヤマハなどの販売元のメーカーは
急速に増える注文・需要をさばききれない状況になっているという話もあります。

 

家庭用小型発電機がどのように作られるかは分かりませんが、
メーカー側としても急速に高まった家庭用小型発電機の注文をさばくのは、
もう少し時間が掛かる‥のでしょうかね。

 

この家庭用小型発電機をわたしたち一般家庭に導入しようとした場合、
やはり一番気になるのが「価格」面だと思うのですが、
やはり値段はそれなりにしますね、数万円から数十万円というのが
わかりやすい家庭用の小型発電機の価格相場‥という感じです。

 

個人的に感じるのは恐らく家庭用小型発電機がこの価格でっていうような
価格ではないような気がします。

 

実は家庭用小型発電機を導入するにあたって値段の相場や種類、
選び方についてを一番調べておかないといけないところだとは思っていますが、
まだぜんぜん調べられていません。

 

ちなみに、家庭用小型発電機で調べると価格も分かりますが、
使用する燃料と発電の仕組みなども分かるので結構楽しかったりします。

 

カセットボンベのガスが燃料として家庭用小型発電機にどう使われるかっていうのは
調べているとついつい夢中になってしまうと思います。

 

でも仕組みがカセットボンベのガスで簡単に発電出来るとしても発電なので、
価格はそれなり‥なんじゃないかと素人は思ってしまいます(あくまでイメージですけど)

 

そんなことをしていると家庭用小型発電機が購入出来るのがいつになってしまうかわからないですよね。

家庭用小型発電機の発電量って?

家庭用小型発電機でまかなうことが出来る
家庭の電力っていうのはいったいどれくらいになるのでしょうか?

 

もちろんそこには家庭用小型発電機の中でもいろんな種類があると思うので、
そこの発電機の性能自体による部分も大きいと思うのですが、
どの程度ぐらいまでならまかなえるのかっていうのは
ちょっと気になっているところなので調べみて、自分の家であれば
どういったことが出来て、何が出来ないのかっていうのを判断したいと思います。

 

家庭用小型発電機の発電量など、ちょっと気になることが多々あるので
いろいろと調べてみようかと考えています。

 

それで何を知りたいかというと、家庭用小型発電機ではどれくらいの
家庭の電力をまかなうことが出来るのか?っていうことです。

 

家庭用で小型・コンパクトな機種をメインにターゲットに‥
ということもあるので、それほどたくさんの電力を
生み出すことが出来ないのかなって思いますが、
それでも一般家庭で消費する電力ぐらいならば製品の性能によっては
それ1つまかなっちゃうことっていうのは可能なんですかね?

 

それともせいぜい1部屋の電力をまかなうなどそれぐらいなんでしょうか?

 

例えばこれが大型で業務用の発電機ということであれば、
一家庭で消費される電力であればすぐにまかなってしまうということがあっても
おかしくはないと思うのですが、さすがに業務用を家庭にというところは少ないと思いますし、
設置基準などがあって家庭にそういった大型の発電機を入れることは難しいかもしれないですよね。

 

業務用となれば発電の仕組みや種類など、ソーラーや水力、はたまたガスか
どういった発電かは分かりませんが、家庭用には適さないという可能性もありますし‥
まだ知識が乏しいのでなんとも言えないのですが。

 

‥なので、今回はあくまで家庭用小型発電機で
どれくらいの電力を生み出すことが出来て、それで一般家庭の
どれくらいの電力をまかなうことが出来るのかっていうのを調べてみようかと考えています。

 

そうやって非常用の際にどれくらいの効力を発揮するのか知りたいですね。