仮住まいは賃貸アパート?マンスリーマンション?東京で

 「郵便局 アルバイト」について取り上げてみますが、通常、仕事内容が「内勤」と「外勤」に別れると思います。まず内勤についてですが、ゆうびんきょく内で郵便物を住所別に区分けするという作業の内容になります。

 ハガキまたは封筒の仕分けを主にアルバイト作業として行うわけですが、単純、かつ、かんたんなので誰でも手軽にできるアルバイトと言えるでしょう。しかし、郵便番号や番地が記載されてなかったりする郵便物も中にはあるので、こまかい注意が必要ですし、県名などが省略されている場合も結構あって、その土地勘のない人や地名に詳しくない方にとってはその点がバイト初めは大変かもしれません、徐々に慣れていくと思いますが。

 郵便局のバイトで連想するのは、自転車や原付バイク(スーパーカブ!?)に乗って郵便物を各家庭や会社に配達するいわゆる「外勤」のイメージの方が強いでは!?、ゆうびんきょくというと特にちいさい子にはイメージが外勤の仕事だと思います。

 募集される地域や勤める郵便局によると思いますが、条件についてはもらえる時給も、局内の仕事である内勤よりも高めに設定されている分、責任もありますし、毎日が晴れているとは限りません。雨や雪といった悪天候などは大変なアルバイトに感じるかも知れません。万が一の事故など仕事中・配達の際にトラブルに巻き込まれない、とも限りませんし、仕事中は自転車やバイクで公道を走りますので、アルバイトの初めは土地勘がないと道に迷うことも考えられますし、配達先を間違えることだってあるかも知れません。

 ですが、逆を言えば決められたエリア・地域でゆうびんぶつの配達をするアルバイトなので、いざ土地勘がつき、仕事に慣れてしまえば余裕・安心感をもって働くことが可能です、慣れたらこっちのものですね、テンポよく仕事することができ、そこが楽しく感じるポイントかも知れません。

 郵便局のアルバイトの勤務時間についてですが、4〜6時間といったケースが多いみたいですね。内勤の場合は、早朝、日勤、中勤、夜勤があって、それぞれ3〜5時間程度となるようです。

 ちなみに内勤には、深・夜勤のバイトもあってそのばあいに勤務時間は7時間以上になることが多いそうです。いっぽう外勤の勤務・平均時間は5時間程度ですが、都心部のケースでは「8時間」の場合もあるそうで、アルバイトと言いながら普通の「正社員」と同程度の労働時間になることも。

 郵便局のアルバイトにかぎった条件ではありませんが、バイト期間については長期と短期があります。郵便局のアルバイトでは、年賀状配達での年末年始や夏休み、ゴールデンウィーク(G.W)などの短期アルバイトを募集するというケースも目立ちます、そのばあいに帰省した大学生や主婦の方などの方の求人募集も多く見られます。

 短期アルバイトの求人では、郵便物の配達に人手が足りない為、主に外勤志望の方を多く募集されているみたいです。さて、これまで取り上げてきた「郵便局のアルバイト」の求人に応募するには、住んでいる最寄りの郵便局に直接連絡することも可能ですが、じつは日本郵政のホームページで探すことも可能です。HP内の日本郵便のアルバイト情報というコンテンツでは、日本全国の郵便局の各支店でアルバイトの求人募集をかけている仕事をけいさいしています。

 ゆうびんきょくの支店や職務、労働時間、手当て・時給などの条件・情報を確認したり、自身の希望にあったバイトの条件を入力して検索できる機能もあり、ぜひ一度、これから郵便局でのアルバイトを探している方は、ネットのホームページをチェックするのも参考になると思います。