エレキギター ジャンク

エレキギターのジャンク品はお得か?

オークションをチェックしていると意外とエレキギターのジャンク品の出品って多いですよね。

 

ジャンクの理由も色々で、詳細不明・素性がわからないからトラブル防止のため、

ジャンク扱いでお願いします、とか、動作は問題ないけど外観が思わしくないのでジャンクとか、

配線不良で音が出ないとか、ガリがひどいとか塗装がハゲてるとか、ネック・ボディにクラックや打ちキズが

多いとか‥

 

まあエレキギターのジャンク理由を挙げていったらキリがないけど、

考えようによってはお得でもありますね。

 

リペア・調整、パーツ交換や修理すれば普通に演奏できそうなギターが多いのも確か。

 

個人的にはネック折れはパスしますけどね、いくらプロの修理ですと記載されてあっても。

たとえキレイに折れた箇所がリペアしてあっても。

 

レスポールモデルによくありますよね、角度付きのヘッドだと。

 

ジャンクとは関係ないけど、この手のオークションのエレキギター出品でよくあるパターンなのが、

トレモロアームとバックパネル(リアパネル)が欠品しているケース。

 

アームはシンクロナイズドのトレモロなら気にしませんが、

フロイドローズのトレモロアームだとかなり気になります。

 

過去にシャラー製フロイドローズ(ライセンス)を搭載しているギターで、

アーム欠品してたのを落札しましたが、どうしてもアーミングがしたくなり

某有名楽器通販ショップにて注文しました、アームのみを。

 

楽器屋さんに直接いってもシャーラーのSFRT2‥かな、

そのブリッジの純正アームって見当たらなかったので。

 

あとバックパネルも欠品なのも気になりますね、

たしかに必要ないと言えばそうですけど、個人的にはセッティングが決まれば

裏蓋はつけておきたいタイプです。ストラトキャスターは特に。