ジャンク品 Giuter

ジャンク品のGiuterは魅力的?

ジャンク品のGiuterってどのくらいジャンク品なんでしょう‥?

 

中古品とジャンク品の明確な違いってよく分かりませんけど、

とりあえず中古っていうのはある程度形が整っていて通常使用可能なコンディションで、

ジャンク品っていうのはどこがどうなっていても分かりませんよっていう感じなのかなって。

 

でもその不具合?ジャンク箇所をを自分で何とか修理・リペアできれば、

もともとの価格も安く入手できるだろうし、お得にギターが手に入るとも

考えられます。

 

よくオークションをチェックしているとジャンク扱いと表記されたエレキギターや

ベースなどの弦楽器をみかけますので、ふとホームページを作成しちゃいました。

 

ジャンク品のGiuterって

どういったものがあるのでしょう?

 

エレキギターも初心者じゃなくて、

もうギターのことを

知りつくているような人であれば

ジャンク品のGiuterでも十分に使えるのですかね?

 

パーツの種類でこれとこれとかき集めて

自作しちゃうような。

 

なので、楽譜がようやく読めるとか

コードがやっと抑えられるとか

初心者セットの練習曲で練習という人には難しいでしょうね。

 

 

メーカーによっていろんなパーツがあると思うし、

弦とかも細かくチューニングすると

違いがあるのだと思います。

 

むしろ、だからこそGiuterって面白いのだと思うし、

ジャンク品のGiuterを組み合わせて

Giuterを作るなんていうのは夢がありますよね。

 

アンプがあって、レスポールを買ってきてというのも良いですが、

ここはレスポール、ここはギブソンなんていうような

ギターがあっても良いのかなとは思います。

 

出来る出来ないは別として・・・

 

もしかするとそっちのほうが

値段かかるかもしれませんけどね。

 

 

でも、そういった画像を世の中に公開したら

かなり反響があるのではないかと思いますよ。

 

こんな種類のギター見たことないって。

 

もしかしてそういったことは

禁止されているのかもしれないし、

メンテナンスとか複雑になっちゃうかもしれないですから、

そう考えていくと熟練者しか出来ないのかなって思います。

 

 

ただ、ジャンク品のGiuterの使い方は

他にもいろいろあるとは思うし、

ちなみにどんな価格で売られているのか

調べてみようかなと思います。