リーバイス501 レプリカ 色落ち

リーバイス501とレプリカジーンズ、色落ちは穿いてみないとわからない

ジーパンの色落ちって自分で作る楽しさと言ってもいいですよね。自分もデニムジーンズが好きでたんす一つがジーパンでつぶれているんですが、けっしてマニアとかコレクターではありません。

 

一つのジーパンをずっと穿きつぶす穿き方じゃないですけど、

好きな一本を朝選んでローテーションして穿いています。

 

でもリーバイス501の色落ちはある程度は自然の流れに任せるという所もあると思います。

 

若いときは無理やり洗濯もせずとにかく長い時間穿き込むというスタンスでした、

最初から色落ち・ダメージ加工されているジーンズにはまったく興味を示さないというタイプでしたし。

自分で穿きこんで色落ちさせて満足、でも今でもこれは理解できます。

 

本当はレプリカジーンズじゃなくて、

戦前のリーバイス501XXのデッドストックを買えたら一番いいのですけど、

今でもサイズやコンディション(デッドですけど)などによって、

数十万円から数百万円ぐらいお値段するでしょうね。

 

リーバイス501のレプリカの色落ちっていうのは

どうやったら上手に色落ちさせることが出来るのでしょう?

 

501xxの復刻とか良いなって思うのですが、

デニムは色落ち具合によって変化してくる部分もありますよね。

 

ブラックでもブルーでもそうだと思うのですが、

色落ちとサイズ感が大事なのかなって。

 

サイズ感もコーデのテーマによって違ってくると思うので、

難しいところだと思います。

 

レディースだとあんまり色落ちとかって

気にならないのかなって思ったりもしますが、

どうですかね?

 

 

デニムっていうとリジット・糊付きの状態しか

昔は興味を示さなかったですが、今は色落ち加工とかされていても

シルエットや加工の具合が気に入ればかまいません。

 

おととしあたり何本か値段も安かったんで買いましたね、

本家リーバイス製のを。

 

今のリーバイスは色々言われていますけど、

オリジンですからね、なんといっても。

 

 

デニムに興味を持ち始めたのは十代の終わりごろでしたが、

ちょうどその当時からヴィンテージジーンズの値段が高騰しはじめて、

赤耳ですらかなりの価格で販売されていたような気がします。

 

でもそうとう昔なんで状態の良いヴィンテージデニムも

在庫があったんでしょうね。ビンテージ物は数は減っても

増えることはないですからね。

 

昔も今もシルエット・デザインと価格が大事なのは一緒でしょうけど。

 

 

色落ちで探すのであれば古着屋で

探すのもありかなと思います。

 

程度にもよるとは思いますけど、

やっぱり価格はそこまででもないし、

着こなしも他のアイテムと見れたりしますからね。

 

ビンテージってなるとちなみに価格は

いくらぐらいになってしまうのでしょう?

 

高いのは間違いないと思いますけど、

本場はusaだと思うので、usaで買えば

少しは安く手に入ることが出来るのかな。

 

デニムって洗濯もまた難しいところですよね。

 

縮みの心配もあるし、

オークションなんかで出品されているやつも

どういった洗濯とか手入れがされてきたのかな

っていうのは気になるところで

それによって買うかどうかっていうのも考えますよね。

 

 

種類がいくら好みのものでもそこは譲れないですからね。