501XX

501XXのヴィンテージ・レプリカ

Levis 501XXはレプリカ・復刻版しか履いたことがありません。

これまで履いたリーバイス501XXのレプリカは1947とか55年とかの復刻ジーンズだったと思います。

やっぱりジーパンのオリジナルはリーバイスだろうと10代後半から目覚めて、

ちょうど日本のリーバイスがヴィンテージのレプリカを販売し始めたころに

なん本か買いました。

 

古着屋さんも同時に通っていましたが、501XXのデッドストックなんて買えるわけもなく、

リーバイスのビッグEや赤耳、66あたりで状態のいい、自分サイズの古着を探していました。

 

でもあの当時ビンテージリーバイス501の値段が急に高騰し始めたころでもあって、

けっきょくビッグEをはじめとしたジーンズは買えずじまいでした。そこから、

国産のレプリカジーンズブランドに走ってしまうのですが。

 

個人的には大戦モデル、アーキュエイトステッチがペンキのモデルが好きですね。

歴史というかその当時の情勢を感じるジーンズです。まさにヴィンテージ501XXという

感じがします。

 

スマップの草なぎ君みたいにヴィンテージ501XXマニアには、

資金的にもバイヤーの人脈的にも敵いませんけど、自分なりに納得するコンディション・サイズの

501XXを探したいですね。でもやっぱりデッドストックが欲しいなぁ、自分なりの色落ちを育ててみたい。

 

どうしても古着はリペア・修理されているのは駄目なんです、

あとはジーンズにありがちなペンキの跡とか汚れとか破れなどのダメージも。

LEVIS・501XXと国産レプリカジーンズとか

Levis 501XXのヴィンテージが欲しいけど、お値段的にキビシイので

レプリカ・復刻版でガマンしよう。別に本物のビンテージリーバイスじゃなくったって

LEVISのジーンズならいいんです。

 

必ずしもvintageだから色落ちがカッコよくなるわけでもないと思うし。

価格的にヴィンテージリーバイスはすぐに買えないわけですから、しょうがありません。

ジーンズのオリジナルはLevi'sというのは揺るぎないものだとそれは変わりません。

 

まぁいきなりビンテージの501XXそれもデッドストックじゃなくて、

ビッグEや66、赤耳なら予算範囲内‥まぁ20万円以内で色落ちの少ない501XXのヴィンテージなら

買えなくもないですが、古着屋やショップのホームページ通販を見ていると欲しいなと思うジーンズはだいたい

30万円以上の値段がついています。

 

さすがに501XXの大戦モデルのデッドストックなんかは買えませんね(汗、

50万円から100万円ぐらい予算がないとな、それも状態・コンディションで値段はピンキリだし。

 

555のバレンシア工場製のUSA製レプリカリーバイスを探そうか、

551ZXXか201XXとか。

 

リーバイス以外の国産レプリカジーンズブランドでいうとウエアハウスが好きですね、

ジーンズを履いた感触というか、あのデニムの感じというか‥あとは倒産前のジョー・マッコイですかね。

オークションや古着屋で906XH探すんですけど、デッドであってもまぁ価格は‥ですね(汗

ヴィンテージ・リーバイス501XXを買うまで‥

リーバイス・501XXの状態のいい、あるいはデッドストックのヴィンテージジーンズが欲しいです。

買うならやっぱりそれなりの値段のするデッドストックの501XXがいい。

 

これ一本って決めて価格はするけど色落ちのしてないデッドなコンディションを

一から自分で履いて育てたい、どんな色落ちになってもそれで納得するとおもうし。

 

本当は大戦モデルのデッドストックが欲しいけど、

中々値段的にキビシイものが(汗、中古の自動車を買うような感じですし。

 

やっぱりリーバイスの復刻ジーンズを履きながらお金をためて本物のヴィンテージデッドストックの

501XXを買うのが今はベストかなぁ、レプリカリーバイスも好きですよ。

 

日本製でもアメリカ製でも全然構わないです、でも米国製レプリカのバレンシア工場製のは

評判いいみたいですね、今はアメリカってリーバイスの工場は閉鎖されているんでしたっけ?

 

日本製だと岡山あたりで作っているのかなぁ?やっぱりジーンズといえば岡山ですよね、

自分が勤めている会社も岡山に本社があったような。

 

リーバイスの革パッチと紙パッチどちらがいいかと聞かれたら、革パッチですね。

防縮加工されてないヴィンテージな革パッチは味がでていいですけど、

ツーホースマークやギャランティが読めなくなってしまうのが唯一の難点です。

 

リーバイスの復刻ジーンズだったら201XXか551ZXXあたり探して購入したい、

ジッパーはやっぱり便利ですからね、だんぜんボタンフライジーパンより。

501XX66モデル日本製の復刻版を履く

リーバイスの501XX、今履きながらあぐらかいてパソコンで記事書いてます。

今履いてるのは10数年前?ぐらいかな、リサイクルショップ・古着屋さんで購入した

新古品の501XX(66モデル)のレプリカジーンズ。タグを見ると「日本製」とあります。

まぁUSA製でも日本製でも気にしませんけど(じゃあ書くなって)

 

リーバイスの501XXは復刻版しか所有してませんで、

それに仕事に行くときや遊びなど外出するときに履くジーパンはサムライジーンズが主なんで

部屋履きメインで今は501XX・66モデルを履いている状態です。

 

サムジーのヘビーオンスデニムに慣れきったせいか、日本製復刻ジーンズの501XXを履くと

みょうに新鮮というか、ゴワゴワ感がなく肌にやさしい!?‥これはこれで履き心地がすごくいいですね

(個人的ですが)ヘビーな生地はある種「戦い」という意気込みで履いていたので、

両極端のジーンズの味わいが楽しめて満足です。

 

でもこの日本製のリーバイス501XXレプリカはどこで生産されていたんですかね?

やっぱり国内のジーンズの聖地岡山県あたり‥?でしょうか。わかりませんが。

 

たしかこれ新古品で半額で購入した記憶が。最初の内少し履いて

そのまま長らくタンスの中で眠っていたジーンズ。なにげに引っ張りだして

履いてみたところ自分へのシルエットもいいし、なにより履き心地が新鮮で。

これは意外でした。

 

それにしてもビンテージの501XXデッドストックが欲しいなぁ‥

古着購入の501XXの思い出とレプリカ物

リーバイスのジーンズと言えばやはり「501XX」じゃないですか。

 

 

自分はジーパンというとたしかボブソンかエドウィンが最初の
ジーンズ、デニムパンツでした。

 

 

岡山に住んでいたわけじゃないけど、デニムは好きです、
もちろん今でも。

 

 

 

ちょうどヴィンテージデニムを古着屋で安く買えた時代に
目覚めたので、501XXも今よりもかなり安かったんですよね。
フリーマーケットでも無造作に着古したリーバイスが置いてあったり。

 

 

市内の多目的ホールでよくフリマが開催されてたので、
値切ってました、だいたい価値がわからない人がその当時はほとんどでしたから、
人によってはだいぶ安くかえたんですよ、もう買ってくれるなら‥というノリで。

 

 

今はさすがにレプリカじゃない501XXの価値は有名ですから、
ネットオークションや通販でも相場なりの値段はしちゃいますよね。

 

 

個人的には革パッチ時代のダブルエックスならサイズさえ合っていれば
なんでもよかったんです。革パッチの程度しか気にしてなくて(笑

 

 

なぜかジーンズは革パッチが大好きなんで、絵柄とか文字、
さらにはパッチ自体の存在が綺麗に保たれていれば即買いでした。

 

 

程度がいい古着の501XXは革パッチも綺麗に現存してますよね、
まぁ革パッチが取れてしまった個体だけど色落ちがほとんどない物もありますけど。

 

 

やっぱりパッチがあるとないのとでは取引額も違ってくるでしょう、当然ながら。

 

 

レプリカジーンズも数年前にハマってウェアハウスやドゥニームを中心に
古着を探して穿いてました。新品はけっこうお値段しますからね。
ドゥニームのXXモデルはいかにも色が落ちそう!という生地で印象に残っています。
これも古着購入でしたね、デッドストックまでにはいかないコンディションでしたけど。
安かったのを記憶してます。