陶器 ぐい呑み

陶器のぐい呑みで最高の一杯を

陶器のぐい呑みに非常に興味があります。

 

陶器のぐい呑み以外でも、陶磁器、ガラスなども厳選されたぐい呑みであれば

陶器のぐい呑みばかりにこだわるということはないですが、

一番興味があるのは陶器のぐい呑みかなと思います。

 

ぐい呑みってあんまり普段は使うことが少ないような気がするのですが、

家庭にはぐい呑みは置いていないっていうところも案外多いのかもしれません。

 

陶器のぐい呑みがどれぐらいの家庭に置いてあるのかっていうのは気になるところだったりしています。

案外、陶器のぐい呑みはおいてなくても陶磁器やガラスであれあばあるよっていう家庭もあるかもしれないですね。

 

後、気になっているのはぐい呑みの製法というか焼き方って言うのですかね?

 

よく備前焼とかって言われるのがあったりすると思いますが、

その他にもぐい呑みの種類としては志野、伊勢崎淳、玉川堂なんていうのも

ぐい呑みっていうと一緒に聞くことが出来るワードだったような気がします。

 

そこまでいきなり詳しいところにいくのではなくて、

まずは本当に陶器のぐい呑みというところから始めてみるつもりですが、

後は陶器のぐい呑みを手作り出来たら良いなっていう思いもあります。

 

陶器のぐい呑みを作らせてくれるところがあるのかっていうことになりますが、

これも調べてみないと正直、分からないっていうのが本当のところじゃないかと思います。

 

いろいろありますが、陶器のぐい呑みについて調べてみたいと思います。

陶器のぐい呑み、興味本位から真剣へ

陶器のぐい呑みってどのようにつくられるものなんでしょう?

 

陶器のぐい呑みに興味があって、自分に合ったぐい呑みが欲しいな〜って

思っていますが、当たり前ながら購入するまえに陶器について調べてみようかなって思っています。

 

「ぐい呑み」限定でコレクションとして集めても

良い趣味になるんじゃないですかね。

 

それで実際にすきなお酒を呑んでも良いわけですしね。

ただ、好きで集めるっていうならそれなりに陶器のぐい呑みに関する知識もないと

恥ずかしいかな‥って思ったりもしています。

 

というわけで日記調なライトな感じで思うことを書いていきましょう。

 

 

「陶器のぐい呑み」っていうのはどのようにして造られるのか?

 

 

個人的に非常にオシャレ、モノによっては可愛いとも思えるぐい呑み、

集めたいなって常々思ってはいたのですが、集めるにしても

陶器のぐい呑みに対する知識がまったくないのでちょっと恥ずかしいかな

って思うところもありました。

 

ぐいのみへの興味ばかりが先行していて。

でも専門知識があってこそ集めるのが良いのかなって‥

 

集めているうちにいろいろと知識が付いてくるっていうこともあると思うので。

それに陶器のぐい呑みを集めれば、日替わりでそれらで飲んでも良いですよね。

 

自分が好きなぐい呑みの中からその日の気分に合わせて

ぐい呑みをチョイスして飲むっていうのは最高の贅沢なんじゃないかと思います。

 

そんな趣味にしていくためにも、陶器のぐい呑みについて

いろいろと調べてみようかなって思っているのですが、

陶器なのでいろんな焼き方があるのかなってまず思います。

 

備前焼や益子焼、萩焼などなど名前は知ってはいるのですが、

こういった焼き方にどのような特徴があって、

それがぐい呑みにどのように表れるかっていうのまでは知らないんですよね。

他にも江戸切子のぐい呑みがあったり、すず製のぐい呑みがあったりといろいろとするかと思います。

 

それらがどういった感じなのかっていうのを知りたいですし、

実際に集めたら、それらで日本酒を飲み比べて、どのぐい呑みと

どの日本酒の相性が良いかなど自分でいろいろと楽しんでみたいですね。

陶器のぐい呑みで、

陶器のぐい呑みで飲むお酒っていうのはやっぱり味わいとかも変わってくるものなんでしょうか?

 

味が具体的にこう変わるっていうことはなくても、

雰囲気がぐっと違ってきますから、やっぱり良いのかなって思ったりもしますね。

 

ただ、ぐい呑みって購入しようとしたらやっぱりどこか高いイメージがあるのですが、

価格っていうのはピンからキリまであるものなんですかね?

 

その当たりについて少し調べてみようかなって思っています。

 

陶器のぐい呑みで飲むお酒は非常に美味しそうっていうイメージだけですけど、

そんなイメージが鮮明にあります。

 

そもそもぐい呑みって1ランク上の大人の人が使う道具っていうイメージもあって、

そんなところからそれで飲むお酒はおいしいかなって思ったりしています。

 

実際、ちょっと陶器のぐい呑みには憧れがあって欲しいなって思っているのですが、

そもそも陶器のぐい呑みと言ってもいろんな種類のものがあると思いますし、

価格もどのくらいするのかもわかっていないので、

そのあたりから調べてみようかなって思っています。

 

そもそもぐい呑みっていろんな焼き方のぐい呑みがあったりするみたいですね。

有名なところでは、備前焼とか益子焼なんていうのもあるみたいですが、

さすにがこういったぐい呑みがそこそこのお値段がするんじゃないですかね?

 

後は江戸切子のぐい呑みっていうのもあったりするみたいで、

これはこれで家にあったらオシャレなぐい呑みになることは間違いないですよね。

 

もちろんもうちょっと価格的には安価な種類のものもあるみたいなので、

最初はそういった安いところから始めてみようかなって思っていたりしています。

 

後、以前、テレビの深イイ話でやっていた曲がる

ぐい呑みっていうのも気になっているんですよね。

 

本当に自分の好きなように形を変えることが出来るので

、飲んでいて楽しいだろうなって思うぐい呑みでした。

 

ついでなので、陶器のぐい呑みについて調べるとともに

そのぐい呑みについても調べたいと思います。

陶器のぐい呑みについて思う

陶器のぐい呑みっていうのは他のガラスのぐい呑みと比べた時に

価格などはやっぱり高いんですかね?

 

どうしても素人的にはガラスと比較すると「陶器」は高いっていうメージがあるのですが、

それがぐい呑みだった場合でも同じなんでしょうかね?

 

逆にぐい呑みだとガラスのぐい呑みって案外、希少で価格も高かったり?って思ったりも。

そのあたり陶器のぐい呑みについて調べてみたいですね。

知識がまるでないので。

 

「陶器のぐい呑み」っていうのは他の素材のぐい呑みと比べた時、

価格についてはどうなのか?気になります。陶器ならではの味というか、

風合いがいいなと思うので晩酌のぐい呑みも陶器製がよさそうと思って。

 

イメージとしては、陶器のぐい呑みよりは

やっぱりガラスのほうが安いのかなっていうイメージがあります。

 

というのも、素材としては陶器のほうが高いような気がするっていうのと、

陶器だといろんな焼き方がありますよね。

 

益子焼、萩焼、備前焼などなどいろいろありますよね。

それを考えるとガラスの焼き方を知らないっていうのもあって、

陶器のほうが安いのかなって思ってしまいます。

 

それじゃあ、陶器とど銅とかではどうなんでしょうね?

それも陶器のほうが高いのかな?この辺りの関係ってちょっと気になるところだったりします。

 

ただ、単純に素材だけで比較することが出来ないっていうのが難しいところかなって思います。

 

やっぱりぐい呑みの価格を決めるのは素材もそうですけど、それ以外にもデザインだったりとか

いろんな要素があると思うので、そのあたりをどう考慮するかっていうのが難しいところだと思います。

 

価格についてはネットの通販なんかで調べるのが手軽な方法ですけど、

その中で素材によっての価格差も分かれば良いですけど、分からない場合は

また別のアプローチから調べてみるしかないかと思います。

やっぱりwebだけで完結できないと思いますから、

販売店さんにも足を運ばないとかなぁ。

 

そのあたりはまずは陶器のぐい飲みについていろいろと調べてみて、

そこから考えてみようかなっていう感じです。

陶器のぐい呑みの理解を深めたい

陶器のぐい呑みについて少し調べてみようかと考えています。

 

調べるといってもどういったぐい呑みがあるのかっていうことになると思うのですが、

やっぱりいろいろと種類はあるんじゃないかと。

 

ぐい呑み自体が人気あるものだと思うし、

それを考えれば種類も価格もいろいろあってもおかしくはないですよね。

 

ところで、陶器のぐい呑みっていうのは通販なんかでも購入することは出来たりするのでしょうか?

そこも気になるところです。

 

陶器のぐい呑みについて調べてみようと考えているのですが、

そもそもそういった類に知識がある程度あるわけではなく、

まず陶器と陶磁器って言うのは同じ素材で言い方だけが違うんだよね‥?

 

なんていう疑問からスタートしなきゃいけない状態です。

実際、陶器と陶磁器っていうのは違うのでしょうか?

 

 

ただ、今はそういった状態でも将来はぐい呑みの棚なんていうのを持って、

そこに陶器のぐい呑みやすずや備前焼、益子焼き、ガラスといった自分で

厳選したぐい呑みを並べてみたいなっていう夢はあります。

 

珍しい曲がるぐい呑みなんていうのも欲しいし、

そういった欲望だけを言えば本当にキリがない状態です。

 

他にも気になっているぐい呑みには志野のぐい呑みっていうのもあるし、

自分で手作りするぐい呑みっていうのもあるみたいなので、それもそれで気になっているんですよね。

 

焼き方だって、他にもまだまだ萩焼、大樋焼、デザインで言えば江戸切子のぐい呑みなんて

いうのもあると思います。

 

今の時代だと通販で何でも手に入れることが出来るので、

これらの焼き方のぐい呑みもたいていのものは手に入ると思うので、

とりあえず何か陶器のぐい呑みを手に入れて日本酒をいっぱいっていうのから

始めてみるのも良いですよね(笑

 

欲しいお酒はやっぱり素敵な器からだっていう思いはあるので、

いろいろ調べる前に自分が本当に欲しい陶器のぐい呑みを探してみることにしようかな?