ぐい呑み

ぐい呑み話

おしゃれなぐい呑みっていうと

陶器のぐい呑みを思い浮かべるのですが、

そもそもぐい呑みって多くの人から

認知されているのかな?

 

中にはガラスのぐい呑みとかを

ぐい呑みとは認識せずに使っているパターンも

ありそうですけど。

 

ただ、陶磁器とか備前焼とかになれば

ぐい呑みいいですね〜と。

 

ぐい呑みを厳選しようとしたら

すずは絶対入りますね。

 

 

曲がるというか

形を自由に変化させることが出来る

すずのぐい呑み。

 

後は志野とか益子焼とか

萩焼とかこの辺りは固いのかな。

 

 

沢の鶴とか他にも

いろいろとあるんだろうけど、

あんまり詳しくないので、

この辺りは玉川堂などと

一緒に調べてみようと思います。

 

 

実際、現実問題として

日本酒を飲むとしたら何の素材が

良いのでしょう?

 

錫とかなのかな〜?

 

 

錫は確か深イイ話っていう

テレビ番組でやっていたんですけどね。

 

それからぐい呑みに

はまったっていう人とかもいるんじゃないかな。

 

今だと先ほども言いましたけど、

通販でもぐい呑みっていうのは

買えるみたいですからね。

 

 

伊勢崎や黒楽など

様々なぐい呑みが自宅にいながらにして

手に入れることが出来るようになったのは

非常に良いことだと思います。

 

 

現地まで行って、

足でいろいろ歩き回って

その中から探すっていうのも良いんですけど。