ガーネット 原石

ガーネットの原石探しはどこで!?

ガーネットの原石‥なんというか、まるで「宝探し」でもおっぱじめるのか?と言うような響きですが、

今回のテーマである、「ガーネットの原石の販売」についてなんですが、

わが国・ジャパンでガーネットの原石を探すには一体どこでこの「原石となる石?」を発掘、

または探せばいいのだろうか‥!?エックスファイル並みの謎解きがそこに待ち受けてそうです。

 

しかしですね、「現代」には力強い味方というか手段があります、

そう「インターネット」の存在です。

忘れてはいけません、ネットで「ガーネットの原石」について検索してみましょうよ。

 

 

それと同時に疑問が生まれます、それは「ガーネットの原石を販売しているお店があるのか!?」

という事。

 

 

一概に「ガーネット」と言ってみてもですね、多種多様な原石があるわけですよ。

 

たとえば、ほうせき=ダイヤモンド、という図式がすでに固まっていると思いますが、

ダイヤとか。勝手な個人的な見解では、「オパール」や「水晶」さらには「翡翠」(ヒスイ)

などが今パッと頭の中に浮かびました。

 

 

う〜ん上記のように思いついただけ、簡単に挙げてみましたが、

これら、ほうせきの原石の種類については、その人その人の価値観の要素が大きく影響していますので、

他には「ターコイズ」とか、アパタイトやエメラルド‥など色々名前が出てくるわけであります。

 

 

今回のガーネットの原石についてサイト作成のために、色々調べてみたのですが、

まぁ〜「翡翠(ひすい)」という漢字は難しいなぁ〜と思いました。

スマップの草なぎ君ばりに。

 

 

それとですね、「ラピスラズリ」個人的にですが、ゲームのアイテムや名前、

あとアニメとかによく使われそうな名前じゃないですか?、ラピスラズリって。

原石として人気があるんでしょうね、らぴすらずり。

 

輝きで人を魅了するガーネットは不思議な魅力をもっています、

それにしてもクドイですけど「ラピスラズリ」‥いいですね、

やはり独特なネーミングがツボにはまってしまいましたよ。

 

名前をひらがなで書くと何のことだかわかりませんね、失礼いたしました。

 

ロンハー、いわゆるロンドンハーツの番組内の原石のコーナー、って

あったように思うのですが、原石っていうとロンハーという=的なイメージも

勝手に自分の中で生まれています。

 

翡翠につづき、コハク=「琥珀」も南海‥いや難解な表記です、

すいません、「難解」と変換しようとしたら南海キャンディーズや南海部品の

方が表示されてしまいました。

 

 

ガーネットの原石、まぁかりにガーネットの原石を無事に販売店で入手できたとしてもですよ、

その原石を磨く・研磨などの加工が必要ですよね、原石そのままでは、

本来のガーネットの原石がもつ輝きなんて発揮されないような気が。

 

ようやく苦労して仮に「エメラルドの原石」を入手したとしても、

原石を研磨・加工しなければ、ガーネットとしての魅力はないでしょう。

 

ガーネットの原石を研磨・加工という作業は、とても素人さんには厳しいと思います、

やはり年季の入った職人さんの技が必要です、

趣味でガーネットの研磨なんてやっている方はいたとしてもかなり少ないでしょうしね。

 

コハクとかヒスイとか‥ああ、他に検索したいガーネットの原石の販売については、

アメジストやアクアマリン、あとはトルマリンあたりですかね、

トルマリンってなぜか温泉を思い出します。

 

疲れを癒してくれそうな勝手なイメージを抱いています。

でも、やっぱりガーネットの原石の販売というとダイヤあたりが人気って感じです。

 

パワーストーンの原石が最近気になりますが、

インターネットでパワーストーンについて販売とか検索してみよう。

 

ダイヤモンドの原石を販売店経由で手に入れて、それをキチンと丁寧に研磨など

加工してもらって二人だけのオリジナル結婚指輪を作製する、なんてこともできそうですね。

ガーネットの原石からブライダルリングなんて一生残る思い出にもなりますよ。

 

あとはペアリングとか。

ダイヤモンドというとやっぱり指輪でしょうかね、あとはネックレスあたり。