ギター エフェクター 試聴

ギター・エフェクターを試聴できたら‥

ギター・エフェクターを試聴して自分の求めている音が出せるエフェクターに出会いたいものです。

現在はほとんどアンプ直セッティングですが、20代の頃は歪みエフェクターにハマり、毎月何個も

ギターのエフェクターを買っては試し、売却‥という流れを繰り返していました。

 

ギターのエフェクターの視聴は、とにかく自分の機材‥まずは愛用しているギターとシールドは

必須です。それとできればいま現在使用しているアンプと同型のモデルか近いアンプで試奏してみる。

これはある程度楽器屋さんと仲良くならないと‥かも知れませんが、ギター・エフェクターに限ったケースでは

ありませんが、買って自分のアンプで音出ししてみたらイメージと全然違う‥なんてケースがけっこうあります。

 

ギターのエフェクターを自作(改造・モディファイ)したり、シールドを自作したり‥というマニアな方もいらっしゃいますが、

セッティングやピッキングも重要です。この記事を書いていたらまたエフェクター欲しくなってきました(汗、

今手元に残っているギターエフェクターはなんでしょうね、マクソンのオーバードライブはまだ売ってなかったと思います。

緑色のボディ本体の奴。それとカールマーティンのホットドライビンブーストは某中古リサイクル店で購入して、

しばらく使用しましたが、故障した記憶が。修理に出さないとな、けっこうお気に入りの歪みでしたので。

 

少し前にアンプシュミレーターが流行って、アンプごと買い替えてしまい、その時に大量のエフェクターを売却したのですが、

そのアンプも自分には合ってないなと感じつつ使用していますので、この際売却して新しいアンプを購入しようかと思います。

ジャズコーラスみたいなクセのない、ギターエフェクターのノリがいいアンプリファイアーでも買おうかな。

歪みエフェクター、ケンタウロスとランドグラフ(クローン

ギター・エフェクターを試聴する機会ってそうないと思います、

楽器屋さんでエフェクターを試奏できますけど、大抵そのお店の

ギター(ベース)シールド、アンプ‥細かく言えばピックも!?‥じゃないですか。

 

やっぱり自分の使ってる機材でそのエフェクターを試聴(試奏)しないと、

わからないものですよね。まぁお店によって使いたいギターやアンプを選ばせて

くれるケースもあるでしょうけど。

 

さいきんギターエフェクター熱が再燃‥オークションで中古品のエフェクターや、

クローンモデルを立て続けに落札してました(汗、なかでもお気に入りなのは、

個人のプライベートビルダーさんが製作したケンタウルスクローンと、

ランドグラフクローンペダル。

 

ケンタウロスは機材や環境が変わってもセッティングがしやすく、

音作りがラクですね、個人的に。(クローンモデルだからかも?ですが)

 

ランドグラフクローンは自分の持っている機材にピッタリとマッチングしているという

感じです、いい音しますね。

 

ちゃんとオーバードライブとディストーションの2つのモードもありますし。

とくにランドグラフは控えめに、というセッティングでアンプにかましてます。

またギターが違うと音作りも違いますしね。

 

ボス製のエフェクターも少し使いたいですね、ギターを始めた当初は、

ディストーションのDS-1とオーバードライブのSD-1の二つだけでしたね、

エフェクターは。それでヤマハの15Wのギターアンプにつないでました。

 

そのアンプにもディストーションつまみがあったんですけどね、

3ボリューム式だったんで。(ゲイン・ディストーション・マスターボリュームという具合)