ケンタウロス エフェクター

ケンタウロス「エフェクター」使い方

「ケンタウロス」はエフェクターの値段の中でも破格とも言える価格ですが、

プロ・アマ問わずギタリスト達がこぞってKLON CENTAURを愛用するのか?

 

実はワタシ正規品のCENTAURは所有しておらず、いわゆる自作品、

プライベートエフェクタービルダーが製作した、

ハンドメイド品のケンタウロス・クローンを愛用しています。

 

某オークションで\5,000というお値段で落札しました。

 

ケンタウルスの回路図を元に製作したというハンドメイドエフェクターを所有。

オリジナルのCENTAURを忠実に再現しているそうで、

バッファーも通る仕様。

 

個人的にはトゥルーバイパスでよかったんですが、

なにぶん本物のKLON(ケロン?クロン?クーロン?)CENTAURを弾いたことがないので‥

 

このハンドメイド・ケンタウロス・クローン、

個人的な使い方はやはりブースター的な使用ですかね。

 

アンプのドライブチャンネルに切り替えてゲイン

(ウチのアンプはプリボリューム)を3程度に上げて、

マスターボリューム(ポストボリューム)を上げぎみにして、

自作CENTAURを繋いでいます。

 

オリジナルKLON・CENTAURを同様に3ノブ構成で、

ゲイン・ボリューム・トレブル(トーン)。

 

B'zの松本孝弘さんのようなミドルを強調したギターサウンドが好みなので、

別のオーバードライブペダルのホットケーキと、

この自作ケンタウロス・クローンのセッティングを突き詰めています。

 

演奏で使用するエフェクターは基本的にオーバードライブ・ブースターとコーラス、

ワウペダルの3つぐらいですね。

 

でもほとんどの演奏が歪みエフェクターだけというセッティングも多いです、

練習スタジオのジャズコーラス120が使える状態なら、

コーラス自体はJC120のコーラスで補いますし。

 

オークションで本物のKLON・CENTAURの出品をとりあえずチェックはしていますが、

経済不況というご時勢なのに10万円に近い価格で落札されている現状に驚きです。

 

それとケンタウロスの絵が入っているバージョンだとさらに値段が跳ね上がりますね。

 

ゴールドって絵付きのこと?シルバーとゴールドがありますよね、ケンタウルスって。

たしかもう生産中止って聞きましたから新品で購入できるのはほとんどムリそうです、

デッドストック品は別にして。

 

‥なので今後入手できるのは中古品でしょうね、

ヤフオク見てても安価の値段からスタートしているケンタウロスは、

ほぼ100%落札されているみたいです。

 

それでも7万とかそれ以上ですよね、

自分の持っている自作ケンタウルス・クローンは音に満足してます。

自分のギタートーンの好みに合っていたようですね、それと自分の機材。

KLON・CENTAUR+マーシャルの歪み

某オークションでKLON・CENTAURの出品をチェックはしていますけど、

経済不況というご時勢なのに10万円に近い価格で取引きされている現状に驚きです。

ボーナス丸々つぎこむ‥みたいな、ギター弾きの鏡ですね。

 

ケンタウロスの絵入りバージョンはさらに価格が上昇しているみたいで、

正直わたしの耳では違いがわかりません‥ギターテクニックもありませんからね(汗

最近、仕事と副業が忙しくてすっかりギター練習をサボってしまっています‥

せっかくちょっとまえに中古ながらマーシャルのマスターリードコンボをオークションで

落札したっていうのに。

 

真空菅アンプではなくトランジスタのマーシャル・マスターリードですが、

買ったときにいつも使ってる練習スタジオに持ち込んで、エフェクターをかまして

弾いてみたときは感動しましたね。

 

でもケンタウルスは使い方にヒネリを加えるというか、

ケンタウルス繋いでヘビーメタル・ハードロック!みたいな使い方ではないですね。

文字にして表現するのは難しいのですが。自分はアンプセッティング+ケンタウルスですね。

アンプの歪み+ケンタウルスのゲインという王道?な使い方。

トーン関係は全てアンプ側でセッティングしてます。

 

でも所有しているケンタウルスはクローンですけどね、

プライベーターさん作製のコピーですが、いい音しますし使いやすいです。

あんまりオペアンプがどうだの、プリント基板・ユニバーサル基盤だの、

ポイントトゥ配線だの、わかりません、音の違いが。

でもそのプライベーターさんが作製したクローンのランドグラフもまたいい音するんです。

ちゃんとオーバードライブ・ディストーションモードの2チャンネル仕様ですし。

KLON・CENTAUR更新放置プレイから復活@近況

KLON・CENTAURこちらのサイトの更新もほぼ1年ぶり‥!?
長らく放置していました(汗、申し訳ありません。

 

 

相変わらずケンタウルス・クローンを愛用しつづけています。
本家KLON・CENTAURは流石にプレミアがついてて、値段が高すぎです。
特に絵柄がついているモデル‥ですよね。

 

 

でも発売された当初はギターマガジンなど雑誌で、
トッププロのエフェクトボードには高確率でこの本家KLON・CENTAURが
ありました。

 

 

回路図はネットでも落ちているのかな?クローンが数年前から
登場していますもんね。電気や基盤に詳しい人ならサーキットを解析して
作製できちゃうんでしょうね。すごいです。

 

 

歪み系エフェクターでオーバードライブ的なペダルというと
今でもクーロンのケンタウルスのイメージが定着しています。

 

 

でもフルドライブあたりも実は興味があったりして。

 

 

あとはビーズのギタリスト・松本孝弘氏ご用達の
F.A.Tのオーバードライブペダルとか。あれもプレミアついてて
数万円しますよね、元々強気の価格設定だなとは思ってましたけど。

 

 

まぁF.A.Tの中古品ならヤフオク!でも入手できるけど、
先に申した通りプレミア価格です。よほどボロボロの使い込んだ
品物でも安くは落札できないでしょうね。

 

 

ここ最近はギター本体+シールド+アンプという基本に立ち返って
音作りを考えています。もちろんギターを鳴らすのは自分ですから、
ピッキングの仕方にもさらにこだわっていきたいと。

 

 

中々安定しないんですよね、自分のピッキングって。フルピッキングの早弾きとかできないし。
ニュアンス的にプリング・ハンマリングの音が好きなんですよね。
まぁそこらへんは好みですよね。

ケンタウルス+テレキャスターサウンド

クーロンのケンタウルス、当然ながらオリジナル、しかも初期物は
これまで記事にしている通り、たいへん高価でありますので、

 

 

ヤフオク!で自分の予算が届きそうな中古品が落札できるまで
お預けなのが実際のトコロ‥でしょうね。

 

 

そういえば最近エレキギターが欲しくて。テレキャスターなんですけど、
これまでフラッと楽器屋で試奏してみた結果、2本に絞られています。

 

 

まず「Fullertone Tellings 52 Rusted」‥某楽器店の企画っぽい一本みたいですが、
すごくよかったです。YouTubeにもJギターのかな?試奏動画がアップされていて、

 

 

まさにああいう音色でしたので、これはいいなと。なんというか気持ちいいですよ。

 

 

自分としてはいい音するエレキってピックは元より、指でも弾きたくなる。
そんな一本が好みなんです。でも値段は立派な額でしたね(汗

 

 

でも欲しいなぁ、中古品でもいいから。というか少しでも安い中古の方が助かります。

 

 

もう一本は試奏したことないんですが、野村のヨッチャンがこれまた試奏している
映像を観てほしくなった「RS GUITARWORKS」のテレキャスターモデル。

 

 

品名は‥「RS GUITARWORKS BAKERSFIELD」っていうみたいです。動画を観ただけなので、
自分が弾いてみたら全然音が違うというかよっちゃんみたいにうまく音を出せないと思うので、
内心不安もありますが(汗、試奏するしかないですね。

 

 

とにかくケンタウロス+テレキャスター、今は気になるサウンドです。