BNR32 DIY

BNR32のDIY作業をみたい

R32のスカイラインGT-R(BNR32)のDIY情報をインターネットから探してこようかと。

 

‥すいません、とはいっても32Rオーナーではないんです(汗、

歴代のGT-Rシリーズで一番BNR32が好きなだけです。

 

R32GT-Rもトラブルが多いでしょうね、年式も最終型でも現在までだと、

やっぱりBNR32の最終型とは言っても古いですからね。

 

でもR32GTRのチューニングノウハウや専用の中古パーツも

豊富にありますから、イジるには困らないベース車だと思います。

 

でも肝心のBNR32の中古のタマはピンからキリまで、ですから、

割り切って車両価格の安い中古を買ってきて整備費用を自力DIYで

補いながらメンテナンス、あるいは自動車整備の仕事をしている整備士さんなら

環境も違うでしょうから、時間をかけつつ整備ができるでしょうね。

 

エアコンやヘッドライトそしてマフラー‥この手の部品は挙げていくとキリないですけど。

 

純正エアロで十分カッコいいですよね、BNR32は。DIY作業で

フルエアロキットを取り付けても楽しそう。

 

エアロパーツは中古だったり、値段を安くするためにあえて未塗装を選んで

自分で自家塗装しちゃったり。もちろんDIYで。

 

しかしBNR32のマフラー音はいい音です、YouTubeあたりに自身のR32スカイラインGT-Rの

排気音やマフラー交換での音の違いなどを動画にしてアップされている方もいらっしゃると思います。

 

個人的に32Rのチューニングパーツはニスモ製がいいですね、やっぱりメーカー純正品ということで。

BNR32‥今でも色あせない日本の名車

BNR32ことR32スカイラインGT-R、最終型でもたしか平成6年式‥ですか?
もう20年ほど経過している日本の名車です。さすがに年式は古いですね。

 

 

BCNR33〜BNR34そして今のR35GT−RへとGTRの系譜は続いていくのですが、
復活したスカイラインGT-RはR32型ということで、今でも人気は高く、中古車相場でも
下は100万円以下からありますが、程度良好なBNR32はやはりそれなりのお値段しますよね。

 

 

特にV-specUや現存している車両はわずかかもしれませんが、GT-Rニスモなどは、
中古車のコンディションが良好だったりすると300〜400万円は下らないのでは、と思います。

 

 

ブイスペックやニスモ以外のベースグレードなBNR32でも、コンディション良好な中古車両は
ぶっちゃけ高いです。リフレッシュ済みな車両やフルオーバーホール、ボディフルレストア済な
個体も高いでしょう。

 

 

買ってからもエンジンOHなど特別なメンテナンスをしないで長く乗れる、トラブルレスで乗れるBNR32は
中古車価格が高いでしょうね、2014年現在でも。相場はこなれていくでしょうけど、
今でもガレージ保管をしていて、雨の日は乗らない、たまにしか乗らないというオーナーさんもいらっしゃると思います。

 

 

DIY作業にてオイル交換や点検などをご自身でされている方も多いと思います。
もちろん日産のディーラーやお世話になっている中古車屋さんに任せているオーナーさんも多いでしょうね。