陸っぱり バス

陸っぱりのバス釣り、初心者だけど楽しい

陸っぱりでバス釣りを日ごろ楽しんでいます。まだまだ初心者歴なんですが、

仕事が休みな平日や朝・夕マズメをおかっぱりでピンポイントに攻めています‥

釣れませんけど(汗、ブラックバス。

 

陸っぱりのバスフィッシングはやっぱり手軽に楽しめるのが一番のポイントですね、

田舎暮らしなんで東京湾だとか琵琶湖のようなバス釣りの大きなメジャースポットに通うのは

距離がありますが、田舎の利点で河川や野池がけっこうあるので、休みの日にオカッパリ。

 

シーバスとかヒラメも釣ってみたいですけどね、ブラックバスは冬場だと水温などの関係からか、

バスの活性も低くなるとか釣り雑誌で読みました。でもビギナーなんであまり気にしてません。

陸っぱりでルアーを投げてキャスティングの練習をしているだけでも楽しいです。

 

初心者でも最近冬場にトップウォーターでもいいじゃないか、と思っています。

バスベイトは音がするんで他のバサーに方に気づかれて少し恥ずかしいですけど、

個人的にバスベイトやスピナーベイトなどのワイヤーベイトも好みのルアーなんです。

 

ペンシルベイトやポッパーとかも。ノリーズやospが好きなメーカーなのもありますけど。

 

バス釣りのおかっぱりを卒業してボート釣りに移行するつもりは当分ないですね、

色々免許とかボートやエレキ・エンジン(船外機?)なども用意しなきゃいけないだろうし‥

そりゃあ相模湖や山中湖にすぐ裏とかに住んでいたらレンタルボートを借りてボート釣りもするでしょうけど。

(相模湖と山中湖に行ったことがないんで、レンタルボートとかわかりませんけど)

 

茨城県の霞ヶ浦や千葉の高滝湖あたりによく友達がバサー仲間を連れて、

ボート釣りするみたいですけど、じぶんはオカッパリでブラックバス釣りで十分です、いまげんざい。

 

そろそろ遠投しやすいバスロッドが欲しい、クランクやスピナベ・バズベイトを思いっきりキャスティングしてみたい衝動が‥

イマカツさんのDVDの黒帯Uだったかな、おかっぱりのキャスティングテクニック集みたいな映像があって。

テムジンのコブラも欲しくなっちゃったりして‥でもテムジン・コブラってロッドの性格的にバーサタイルロッドでしたよね?

 

まぁ初心者バサーにとってはエバーグリーンのテムジン・コブラなんて高嶺の花でしょうかね。

中古の竿でも2万円ぐらいしちゃうのかな?オークションで少し前に価格を見た記憶があったけど。

そうそう陸っぱり用のロッド・タックルが欲しいんでした。

野池の水抜きと釣り禁止に‥

野池の水抜きや釣り禁止の立て看板はやはりバサーにとって悲しい現実です‥

でも野池の水抜きはメンテナンスなどの管理の事情もあるでしょうからともかくとして、

釣り禁止の立て看板は釣り人のマナーなども関係しているのでは?と思ってしまうことも。

 

ゴミや根がかりしたラインやフックなどが残されていて‥というパターン。

 

バスフィッシングを始めてまだ初心者ですが、マナーは厳守と言い聞かせてます。

ウチの方は田舎なので河川や野池が多く点在していて、

特に釣り禁止という野池はない?のですが、管理している側からしたら、

釣りしている最中になにか事故でもあったら‥と思うのが自然でしょう。

 

さらに雑誌やインターネットのオカッパリ特集などにその野池などの

スポットが掲載されてしまったりしたら‥バサー側としても釣り辛いポイントになりますね。

 

でもバス釣りで「おかっぱり」だとわかりやすいといえばわかりやすいですからね、

ボート釣りよりはるかにポイントが特定されやすい、シークレットな意味合いも野池のバス釣り陸っぱり

にはあるじゃないですか。

 

先日も夕方マズメ時に友達と野池じゃなく河川敷で真冬1月のバス釣り陸っぱり釣行しましたが、

やっぱり寒かったですね。スピニングタックル1本持って。シャローエリアでキャスティング、

大物狙いで。まぁ釣れませんでしたが‥

 

冬の野池のおかっぱりは楽しい反面、寒さとの戦いでもあります。

バス釣り初心者なので釣れる・釣れないは考えず、ワームのアクションの練習として割り切ってキャストしてます。

バス釣り春のオカッパリ

ブラックバス釣りでおかっぱり釣行がメインですね。やっぱり手軽に釣りが楽しめるというか、

初めて「釣り」をしたのが陸っぱりという方がほとんどじゃないですかね?

よほど環境がいい育ちかお金持ちか‥という安易な考えですけど(汗

 

ブラックバス釣りはおかっぱりでもボート釣りでも好きですけど、

最近レンタルボート代をケチっているのも大きな理由ですね(汗

 

千葉県のおじゃが池で丘っぱりしてみたいです、

友達が仲間内で年間とおしてのバストーナメントを開催してるんですが、

最終戦?だったかな、千葉の雄蛇池だったような気がします、ブログみました。

そのときはみんなボート借りてボート釣りだったと思います。

 

今年はおかっぱり専用ロッドを一本追加したいと。

メーカーで言うと憧れのスティーズ・マシンガンキャストタイプUか、

人気のバーサタイルロッドであります、エバーグリーンのテムジン・コブラあたり。

 

やっぱりおかっぱり釣行なんであんまりロッドを持って釣り場を歩きたくないんですよね、

足場も悪いポイントにも入らなくてはいけませんから、多少なりとも危険も伴います。

 

せいぜい2本ですね竿持って歩くのは。プロのバスアングラーのボート釣りみたいに、

なん本も持っていけないです。今日のおかっぱりのバス釣りはカバー撃ちがメイン‥という

時とか、キャスティングの練習の意味合いでそういうロッドを持っていくとか。

 

並木敏成プロのマシンガンキャストに憧れて最近キャスティングの練習も意識してキャストしています、

やっぱり無意識に遠投したくなったり、サイドキャストを多用するようになりました。

陸っぱりキャスティング向上委員会

春のバス釣り、オカッパリ釣行がメインに今年はなりそうです。

レンタルボート代までお小遣いが回らなさそうなので(汗

 

並木敏成プロの動画というかDVDを観てキャスティング精度を高めようというのが

今年のテーマです。目指せマシンガンキャスト、スキッピングとフリッピングのテクニック向上も。

 

オカッパリのキャスティングは足場や体制が無理な状況から行わなければならない

シュチュエーションが多々ありますから、そのあたりもしっかりしないとな。

 

並木敏成プロに習ってサイドキャストも練習しないと、どうしてもオーバー気味に

キャストしちゃうクセがあるんで、サイドからコンパクトにルアーを投げたい。

 

後は根がかり外しテク、けっこうロングキャストの距離を誤って木の枝などに

ルアーを引っ掛けてしまうケースも個人的にあって。

 

あんまりロッドのせいにはしたくないんです、

高い竿使ったからといって「釣れる」わけじゃないし。

 

とにかく魚のいる場所にルアーを通さなきゃ始まらないから、

と並木さんがDVDの中で話してましたけど、そのサカナのいる場所もわかりません(汗

 

今こうして記事を書いているシーズンが春先なんで、

シャローも意識してオカッパリ釣行してるんですが。

 

高いロッド使っても‥みたいなこと書いても、

そりゃあいい竿欲しいですよ、並木敏成プロに影響を受けているもので

スティーズ製のベイトロッド、当然マシンガンキャストが欲しいですね。

でもオークションで中古の竿が出てても値段が高いです‥