アルトワークス チューニング

アルトワークスをチューニングベースとして購入

アルトワークスをチューニング前提で中古車で購入しました。

走行距離4万キロ台で無事故車、スズスポパーツでライトチューン程度。

 

 

スズキ・アルトワークスは軽自動車界の名車として、

復活も期待されています。

 

冒頭で述べましたが、中古のアルトワークスをゲットしましたが、

中古車でも車両価格は高めでした、パーツがスズキスポーツでまとめられているのと、

走行距離もワークスにしては少なめで無事故車というのが大きな理由かな。

 

 

ホントは新車で欲しかったですが、時代が合わないですね。

こんなに改造・チューニングが楽しい軽四輪はないでしょう、

メンテナンスにも余念がありません。

 

 

FR化してサーキットのドリフトマシンとして遊ぶのもよさそう、

たまにショップの走行会で軽自動車チームも参加してて、

ドリフトクラスにC系のアルトワークスとか意外にいるんですよね。

 

やっぱり軽だから維持費やパーツ費用の面で有利かなと。

燃費も良いですしね、税金も安いし。

 

これから社外のエアロパーツをオークションで落札しようかな、

一応社外のフロントスポイラーと、H系中期型の中段のリアスポイラーは、

ヤフオクでゲットしています。

 

 

ミッションの入りが若干渋いのでオイル交換してみて、様子みよう。

タービン交換までに、エアクリ・マフラーで軽くブーストアップ、

まだエンジン内部はノーマルで。

 

エンジンはF6AじゃなくてK6Aアルミエンジンです。

でもF6Aも乗ってみたいんですよね、低速が気になります。

 

アルトワークスの整備は基本的にDIY作業です、

休みの日にオイル交換やパーツの取り付けを自分でやっています。

スズキ・アルトワークスRS-Z(HB21S)チューニングするまえに

スズキ・アルトワークスRS-Zの平成7年式、無事故車を友達の中古車店経由で

購入、とうぜん「中古車」です。で、走行距離はアルトワークスとしては少なめの

4万キロ台、スズキスポーツ製のチューニングパーツ多数ですが、

内容としてはライトチューンでしょう。

 

スズキ・アルトワークスは軽自動車界の名車として、

今もファンからワークス復活の声が叫ばれています。

 

そんなわけでして、めでたく中古のアルトワークス・RS-Zに乗り換えましたが、

やはり人気車両ということで友達づてですが、

車両価格はそれなりにしました、やっぱりチューニングパーツが、

これまた人気のスズキスポーツ製でまとめられているのと、

走行距離少なめ、さらに無事故車というのが大きな理由かな。

(よくを言えば禁煙車だったらなお‥でしたけど)

 

こんなに改造・チューニング、そして走りが楽しい

軽自動車スポーツはないでしょう、毎月のメンテナンスにも余念がありません。

 

アルトワークスはやはり「軽自動車」というのが強みですね。

月々のガソリン代などの維持費、意外と燃費も良いですしね、

自動車税金も安いと。

 

当然同じスズキのkeiワークスも乗り換え候補に挙がっていましたが、

やっぱり車両価格・コミコミ価格で大幅にアルトワークスを上回っていたのが、

敗因でした。こんな値段するなら‥という感じで。それと軽じゃないけど、

やはりスズキのスイフトスポーツ、要はスズキのちっちゃくて速いクルマが好きなんです。

スズキ・アルトワークスはチューニングされてナンボ?

スズキのアルトワークスいいですね。

平成7年式の笑い顔グリルの旧規格アルトワークスがいまの愛車

なんですが、軽自動車のくせに速く、軽だからボディサイズ的にも

取り回しもラクです。

 

中古車購入なんですが、前オーナーさんが施したライトチューン車

なんです。セミバケットシートぐらいですね、自分が追加したのは。

 

あとは定期的なメンテナンスぐらいです、

オイル交換や冷却水、点火プラグ点検、タイヤ交換という感じ。

 

でもアルトワークスはブレーキがネック、というのは

なんとなくわかります。ダラダラって感じでもう少し

カチっとした制動力が欲しいです。

 

ブレーキオーバーホールを頼みたいくらいです。

あとは、ぶつけた箇所がそのままなので(家の駐車場内で)

板金塗装したいですね、ボンネットも交換したいくらい。

 

アルトワークスを他に改造する箇所というと、

タービン交換くらいでしょうか。コンピューターも交換して。

 

軽量化もコツコツDIYでやっていきたい、

でもパワステとエアコンは残しておきたい。

アルミホイールもTE37にしようかな、中古品のアルミから。

 

スズキ・アルトワークス復活してほしいです。

速い軽自動車が好きなので。ほかにはダイハツのコペンや、

スズキのカプチーノ、ケイワークスなどか‥

 

アルトワークスの中古車の台数も少ないですよね。

さらに走行距離少なめで無事故車となると車両価格もかなり‥でしょう。

 

チューニングパーツはオークションでもけっこう出品されています。

やっぱりスズキスポーツ製のチューニングパーツは人気ありますね。