手作りアルバム 無料

手作りアルバムの作り方

「手作りアルバム」という世界にたった一つだけのマイ・アルバムを作成、

「スクラップブッキング」などとも言われるのだとか。

 

自身の思い出の写真や記念となった一枚を、

世界に一つだけのオリジナル飾り付きアルバムに仕上げる「「手作りアルバム」」が、

昨年あたりから静かなブームのようです、知りませんでした。

 

‥という事で思わずホームページを作成してしまったという次第であります。

 

手作りアルバム、

もしくはスクラップブッキングはもともとはアメリカ・USA発のクラフトワークだそうで、

1980年ごろにアメリカ・ユタ州でファミリー間の絆を強める方法として

今回ご紹介しているスクラップブッキングが、口コミで広まったのがきっかけなのだとか。

 

日本国内においてはいまから約5年ほど前に紹介されたそうで、

NPO法人「スクラップブッキング協会」という団体も設立されているようです。

 

さらにこの1,2年の間に手作りアルバムの愛好者が急増し、

いまでは3万人を超える勢いだそうです。

 

デジタルカメラやパソコンで手軽に自身が撮影した写真が自宅で加工しやすくなった点も、

手作りのアルバム作成ブームに拍車をかけたかも知れませんね。

 

パソコンを新品で購入するとたいてい画像・写真・動画の編集ソフトが

あらかじめパソコン本体にソフトがインストールされていますもんね。

 

「手作りアルバム」は作り手が考えた通りに、

楽しい思い出が鮮やかに記憶に残るようアルバムを組み立てていくのがほとんどだと思います。

 

あらかじめ撮影した写真を自由にレイアウトして、カラフルな台紙を使用し、

さらに色とりどりのリボンや楽しいステッカーなどを

組み合わせてその瞬間の感動や喜びを書き添えていく、

「手作り アルバム」に書き添えた文章は「ジャーナル」というそうですね。

 

アルバムの素材はカラフルで楽しいものが多いですが、

やはり耐久性には十分に考慮したいものです。

台紙は劣化しにくい素材を使用しています。

 

たとえ数十年後経過しても色あせないものが、手軽に作れるでしょう。

 

自分のスタイルの思い出を「手作り アルバム」に加工していくという作業に没頭し、

ついつい時間を忘れてハマってしまう女性が多いのだとか‥

 

「手作りアルバム」の静かなブームが、関連商品市場・マーケットを拡大しているそうです。

台紙を切り抜くパンチは2000種類まで増えており、国内市場規模が100億円にもなるとも。

 

文具メーカー「呉竹」の直営専門店である

「アート&クラフトDUO 東京青山店」というショップは、

スクラップブッキングの専門店として知られており、

定期的にスクラップブッキング関連の講座を開講し、みなさんの好評を博しているそうです。

 

さらに、東京都 文京区の文具店「かみもと文具」では、

スクラップブッキングの専門コーナーをお店に設け、常時500種類もの、

飾りつけ用グッズを取り揃えていると聞きました。

 

そんな中デジカメ、プリンターのメーカーも、

ブランドの商品展開にスクラップブッキングを視野に入れ、力をいれているようです。

 

プリンタメーカー大手のエプソン、キャノンなどは、

自社サイト内でスクラップブッキングのページをそれぞれに設けて、

豊富な素材をダウンロードできるようになっているとか。

 

癒し系ホビーとして日本国内にも根付いた感のある「手作りアルバム」ですが、

アメリカ発祥の「スクラップブッキング」の流れを受け継ぎつつ、

日本人ならではの心使いの細やかさ、さらには手先の器用さにより、

こころ豊かに思い出をつくるクラフトワークに進化していくでしょう。

手作りアルバムを無料‥とはいかなそうだけど自作する

手作りアルバムを無料で作成したい、そう考えているうちにパソコンのプリンターが欲しくなってきました。

とりあえずどんな機種が自分の家には合っているのか、てっとり早く知りたかったので、

「手作り アルバム」というキーワードを中心に、パソコンのプリンター機能でアルバム作成や、

写真・画像の取り込みやすさや操作の簡単さなどを口コミや使用した感想などを検索していこうかと。

 

手作りアルバムを無料で、といえどすでにパソコンとプリンターは無料ではありませんけど(汗

でもそのほかにもろもろ費用が掛からないように、という方向性でがんばっていきます。

 

卒業アルバム作成って学生時代にやったような記憶がありましたが、

生徒会?あとは写真屋さんまかせだったとおもうから、手作りアルバムとはちょっと違いますかね。

とりあえずはプリンターを買うしか‥という。

 

プリンタといえば「エプソン」や「キャノン」あたりをメーカーとして連想します。

会社のhp製だったな、値段が安かったから買ってきたと思うんですが。

 

アルバムにしたい写真や画像はケータイやデジカメ内に残ってるんで、

それを加工なりなんなりして出力して‥アルバム代も考えてなかったな、そういえば。

 

アルバムにする写真や画像の順番やレイアウトもかなり重要な気がする。

自分だけのアルバムなんでハッキリいって自己満足の世界ですけど、せっかく手作りアルバム作成なんだから、

高い完成度を目指しつつ、なるべく費用をかけない方向性で‥