三本目 エレキギター

三本目のエレキギターを選ぶさいに‥

エレキギターの耳でのチューニングにも慣れてきてそれほど時間がかからずに、

練習前のチューニングができるようになってきた頃だったと思います。

 

チューナーは初心者の頃に一緒に買いましたけど、

バンドやろうぜかなにかで耳でチューニングしたほうがいいって

書いてあった気がします。

 

音叉を鳴らしてAの音を出して、そのA音を聞きながらギター5弦の開放弦を合わせて‥

という具合で。なれない最初のころは余裕で1時間ぐらいかかってましたね、

たしか雑誌にも体験談が書いてあったと思うけど。

 

まぁ今でもチューナーは特にフロイドローズのトレモロが搭載されている

ギターのチューニングやセッティングなどで使うけど、たいていは音叉で合わせてますね。

 

あとは弦交換も大変でした、どのくらいの弦の余りを残して弦をカットしていいのか、

それよりまず普通のニッパーで弦を切ってたらすぐに刃がボロボロになったので、

弦切り専用のニッパーを買ってそれで切りました、今となっては当たり前ですけど。

 

フロイドローズの弦交換は今でも面倒ですけどね(苦笑、

なのでフロイド搭載のギターの弦はエリクサーにしてます。

 

ハードテイルはダダリオですけどね。

 

そういえば3本目のエレキギターでしたね(汗、

そうそうカッティングメインのプレイスタイルなので、

たしかフェンダー・ジャパンのストラトキャスターをもう一本買ったんじゃないかな。

 

あ、たしかフェンジャパじゃなくてフェンダー・メキシコでしたね、

リアが純正でハムバッカーになっているやつ。

 

しばらくしてリアのハンバッカーをディマジオのトーンゾーンに交換してもらいました。

リペアに出すついでにピックアップも交換してもらったのでした。

 

トーン・コントロールもいつも全開で絞ることもなかったので、

トーン回路もキャンセルしてもらいました。ピックガードも専用のを

作ってもらえばよかったな、今思えば。穴はそのまんまでしたから、

トーンノブの。

 

そのストラトもリサイクルショップに売却してしまったんでしたっけ、

今思えばオークションに出したほうが高値で売れたと思うんですが‥