アイパット 使い方

アイパットの使い方次第で可能性は無限大

アイパットの価格は安くはなかったと思いますが、

出た当時はアイパットとは何ぞや?っていう記事とか使い方とかを

特集する雑誌っていろいろあったんじゃないかと。

 

恐らくソフトバンクで契約して使えると思うし、

それはアイパット2でも

今後のアイパット3でも同じだと思います。

 

 

タッチして操作出来るあの感覚というか、

アプリの操作性とかホントに凄いですよね。

 

ケースとか入れると

もうデジタルアイテムっていう感じで。

 

エクセルとかのソフトも

表示だけとかは出来るのかな・・・

 

 

ただ、学校や会社の会議のプレゼンなどで

アイパットを使う機会が今後増えていきそうですね。

 

これから先、アイパットは大きくなっていくのか、

それともナノのようにサイズは小さくなるのか知りませんけど、

人気自体は衰えないでしょう。もう確立していますし。

 

auからもアイフォン同様にそのうちipadシリーズが

買えるようになるんじゃないのかな?

 

‥というかNTT docomoとアップルの提携はどうなんですかね?

2012年もこの点が気になります。

 

使い方次第で

変幻自在のアイテムっていう感じを思えば、

値段が多少高くてもとは思います。

 

 

ただ、アイパット2が出ることによって

アイパットの価格はどうなったんだろう

っていうのは気になりますけどね。

 

使い方とかはあんまり変わらないと思うのですが・・・

 

 

ところで、アイパットってテレビ見れるのかな。

 

競馬中継とか

どこでも見れるようになると便利なんだけど。

 

アップルもさすがにアイパットで

競馬中継は想定してないかもですけど。

 

 

一番はゲームに使われているんですかね?

いろいろと機能はありますけど。

 

それともネットかな。

 

 

wi-fiモデルしか興味がないので、アイパット3Gモデルで、

月々いくらの料金が発生するかは分かりませんけど、

ipad本体値下げしてほしいのが正直な感想です‥